旅行記

ワシントンDCへの移動 アメリカ旅行記2016 vol1

2016/10/01

LINEで送る
Pocket

遅めにとった夏休みの目的地はアメリカ東部〜南部。
まずはワシントンに向かった。

成田空港からユナイテッド機に乗り込む。
飛行機

3回出た機内食のうち、朝食はこちら。
ブルボンのビスケットが美味しかった。
機内食朝食

今回のフライトで良かったところは、食事の後、お盆やゴミをすぐに片付けてくれたことだ。
食べ終わるやいなや、回収に来てくれた。
お盆があるとPCを取り出しての作業がしにくいので、とても助かった。

ダレス国際空港から、ワシントンDCへの移動は地下鉄駅へのシャトルバスと地下鉄を利用した。
シャトルバスはメインターミナルの出口4の外から発車する。
乗車前に、バス乗り場のすぐ近くにあるチケットカウンターでチケットを買う必要がある。
チケットは一人5ドル。
チケット

この水色のバスが、Wiehle-Reston East駅という地下鉄シルバーラインの始発駅まで運んでくれる。
所要時間は10分程度。
シャトルバス

Wiehle-Reston East駅では謎の像がお出迎え。
謎の像

地下鉄に乗り込む。
分かりにくいと評判のワシントン地下鉄の料金は、行き先別だけではなく、乗る時間によっても料金が変わる。
Wiehle-Reston East駅の自動販売機の前にはメトロの職員がいて、購入のサポートをしてくれた。
...が、職員が鮮やかな手つきで自動販売機を操作し、料金はクレジットカードで支払ったため、結局いくらかかったのか曖昧にしか分からない。
信用できる職員の方だったけれど、レシートを忘れずにもらうようにしなくては。

目的のユニオン駅まで小1時間、地下鉄の旅となる。
地下鉄

ユニオン駅。
駅が大きすぎて外観の写真が取れなかったので、駅外周部の写真をあげる。
天井が高い!!
ユニオン駅

今回宿泊したPhoenix parkホテルはユニオン駅のすぐそばにあって便利。
ホテル

白を基調とした室内は清潔感いっぱいだ。
ホテルの部屋

トイレ

ホテルに到着したのは夜7時くらい。
ユニオン駅内のレストランで、ワシントン名物のクラブケーキを食べ、旅の初日は終了となった。
お店

クラブケーキ

この夕食の詳細記事はこちら

関連コンテンツ

-旅行記
-