トマト ぱくたそ

働くこと

ポモドーロテクニックを試してみる

2017/04/19

LINEで送る
Pocket

気分良い一日のはずが

先日、月曜日の朝。
ブログを書きたくて、朝起きてすぐに机に向かった。
書きたいことがわーっと出てきて、あっという間に一時間が経過していた。
記事は書き終わらなかったけれど、頭の中のものを外に出すことができたスッキリさを感じながら、気分よく一日をスタートした。

会社に着いて一時間が経過した頃、もうすでに疲労を感じ始めていることに気が付いた。
週末は無茶をしていない。
睡眠時間も取れている。
ではなぜ月曜の午前中からこんなに疲れているのだろう。

認めたくはないが、いつもと違うのはブログを書いたことくらいだ。
ここしばらく一つのことに根を詰めて一時間も集中し続けることはなかったので、脳が疲れてしまったのかもしれない。

広告

脳を疲れさせずにブログを書くには

ブログは楽しいが、本業に影響が出るのはよろしくない。
でも書きたい。
脳を疲れさせないようにブログを書くことについてのヒントを探すため、本をいくつかめくってみると、複数の本に紹介されている方法があった。
それはポモドーロテクニックというものだった。

タイマーを用意し、25分に設定してタスクを開始する。25分経ったら5分休憩する。
ひたすらこれを繰り返す。
この1サイクルで行うタスクは1つだけ。この1つを集中して行う。ということだ。

実際の実践テクニックとしてはToDoリストを用意したり、PDCAを回すことが重要そうなのだが、まずは25分集中して5分休憩するというのをやってみることとした。
 

用意するもの

最初にポモドーロ用のタイマーを用意した。
理想はシンプルなもの。余計な音がしないもの。PCのメニューバーに残り時間が表示されるもの。
Pomodoro Oneというものを選んだ。

次に選んだのはやること。
今回はブログ記事を書くこと。
今書いているこの記事がポモドーロデビューの記事だ。

そして休憩時間にやることも考えた。
休憩時間にはメールチェック等をするのではなく、立って歩くなど気分転換になることをして集中力回復に努めるのがいいらしい。
いつも朝起きてすぐやる家事をいくつか、休憩用に残しておいた。

さて、そろそろこの記事を書き始めてから25分が経過する。
しばらくこのリズムを試してみよう。

※ちなみに、ポモドーロというのはトマトという意味。
この手法を生み出した人の家にあったキッチンタイマーがトマトの形をしていたらしい。
 

参考にした記事

広告

関連コンテンツ

-働くこと