朝ご飯

美味しいお店 買ったもの

朝ご飯、ささやかに進化

2016/11/11

LINEで送る
Pocket

チーズが好きだ。
スイスに旅行をした時、とても安い宿だったのに、無料サービスの朝食にチーズが出てきて感動した。
パンとチーズとコーヒーもしくは紅茶という簡素なメニューだったが、チーズ好きには充分だった。

朝ご飯にチーズを食べることが、その日から憧れとなった。
一番好きなのはパルミジャーノのようなハードタイプなのだが、朝ご飯にはカマンベールのような柔らかめなのがいい。
パンとサラダと卵とチーズ。
こういう朝ご飯を家でも食べられたらいいのに。

ところが、実行することはなかった。
朝から卵料理は時間がかかる、かもしれない。
サラダを用意するのは面倒くさい、かもしれない。
そんな言い訳を自分にしていた。
でも本心は、彩りの良いきれいな朝ご飯は私には似合わない、というものだった。
朝ご飯なんて誰も見てないのにね。

自分で自分に意味のない規制を課していることに気づいたここ最近。
朝ご飯用にカマンベールチーズを買ってみた。
近所のスーパーで298円+税。
金額的にもこんなものなのに、なぜ今までやろうとすら思わなかったのか。
時間がないので、パンを温める代わりにクラッカー。
サラダの代わりにプチトマト。
卵も簡単に火を通しただけ。
あっという間に用意はできた。

今まで私にはハードルが高いと思っていたことは、実際やってみると全く大したことはなかった。
でも、こんなささやかなことでも「やればできる」という達成感がある。
そして、今までは出来ないと思っていたことでも、やっていいんだという自信が生まれた。
こうやって朝から憧れていたことができるなんて、毎日が楽しい!

実は本当の理想の朝ご飯は他にある。
ほかほかのご飯に、焼き魚にお浸しに冷奴にお味噌汁。
これこそ用意に時間が掛かる気がするけれど、毎朝食べられたら幸せだろうなあ。

広告

関連コンテンツ

-美味しいお店, 買ったもの