1.飲食したお店 美味しいもの

ワンモア(平井)ホットケーキもフレンチトーストも卵サンドも絶品!

2017/05/04

LINEで送る
Pocket

平日に会社が休みのときに行ってみたいお店があった。
平井にあるワンモアという喫茶店。
こちらのホットケーキが、「マツコの知らない世界」で日本一のパンケーキとして紹介されたのだそうだ。
土曜日は行列ができるようだが(日曜は定休日)、平日の昼時を外せば、並ばずに入れるのではないだろうか。
そう思って、平井に向かった。

ワンモア

平井駅から徒歩3分。
北口を出るとすぐ目の前に、平井駅北口という交差点があるので、そこを右折して2ブロックほど歩いたところにある。
見た目は、日本一のホットケーキがあるようには見えない、懐かしい感じがする喫茶店だ。

ホットケーキだけではなく、フレンチトーストも美味しいという評判で、選びきれなかったので、両方頼んだ。

日本一のホットケーキ

注文後、10分もかからずに、ホットケーキとフレンチトーストが登場した。

こちらが噂のホットケーキ。
銅板で焼かれているという話の通り、焼き色が美しい。

そして、香りがサクッとした香りだ。
何を言っているのか分からないだろうけれど、香りが、これはサクッとしているに違いないと想像させる香りなのだ。
しかし、実際は、ふわふわしている。
中身は、気泡がたっぷりと均一に含まれている。口どけの良さの秘密だ。

ありがたいことに、バターは最初から2枚ともに塗られている。
いつも下の段のホットケーキにバターを塗るタイミングを逸するので、この気遣いがありがたい。

甘みは控えめ。
添えられたサラッとしたシロップがよく合うが、かけすぎると、せっかくの香りが消えてしまう。
様子を見ながらそっと掛ける。

次に、フレンチトースト。

こちらもホットケーキと同じ銅板で焼かれており、焼き目が美しい。
目の前に置かれた瞬間に、レモンの香りがふわりと広がり、わくわくする。

卵液は控えめで、その分、食パンの美味しさが前面に出ている。
こちらはホットケーキより甘みがあり、添えられたシロップは使わなかった。
上のレモンと一緒に食べると、爽やかさとほろ苦さが加わって、また違う味わいとなる。

飲み物はレモンジュースを頼んだ。
注文すると、冷蔵庫からレモンを取り出して絞りはじめる。
美味しいに決まっている。

こちらのホットケーキ、直径が10〜12cmくらいと小ぶりで、しかも軽い味わいだ。
ホットケーキとフレンチトーストを食べても、まだお腹が空いていたので、卵サンドを追加注文した。

お皿にずらっと並んだ卵サンドを見て、びっくり。
ただ、高さは2cmほどなので、一切れが2口で食べられる。

ここの卵サンドは、焼いた卵焼きがはさまっているタイプだ。
マヨネーズとマスタードがいいアクセントとなって、パクパク食べられる。
出てきた瞬間はギョッとした大量の卵サンドが、あっという間に無くなってしまった。

感想

普通を極めるとこんなにも美味しくなるんだ、としみじみと感じる美味しさだった。
奇抜なところは全くなく、普通の材料を使って普通に作られたホットケーキという風情なのに、心に残る美味しさだ。
フレンチトーストにしろ、卵サンドにしろ、分かりやすい特徴があるわけではないのに、ひたすら美味しい。

なお、この日は、昼時も満席になることなく、ずっと8割程度の埋まり具合だった。
お店の方に聞いても、メディアで紹介された直後でなければ、平日は並ばずに入れるようだ。

お店情報

ワンモア
東京都江戸川区平井5-22-11
03-3617-0160
定休日:日曜、月曜
営業時間:9:30~16:30(LO:16:00)

こちらの本でもワンモアさんが紹介されています。

広告

関連コンテンツ

-1.飲食したお店, 美味しいもの
-,