心のこと

「自我」という資質〜ストレングスファインダーの誤解を受けやすい強み

LINEで送る
Pocket

「自我」という強み

ストレングスファインダーの全34資質は全てが素晴らしい強みであるが、「自我」に対しては悪いイメージを持つ人が多いようだ。
しかし、それは誤解である。
 

「自我」とは何だろう?

日本語で「自我が強い」と言うと「ワガママで協調性がない」という意味を持つのが、誤解を招く原因である。
実際、私の周辺にも何人も「自我」持ちがいるが、協調性がないと感じることはない。

広告

それならば、原著で「自我」がなんと書いてあるか見てみよう。
原著では、「自我」は「Significance」と書かれている。
Significance = 重要、意味、意義 という意味である。
つまり、「自我」の強みを持つ人は、「重要であること」「意味があること」に向かって力を発揮できる人なのだ。
 

重要であることとは

「重要であること」「意味があること」について、もう少し掘り下げる。
「自我」にとっての「重要であること」は大きく分けて2つあるようだ。

周囲の人にとって重要な存在になりたい

自分にしかない特別な力をもって、周囲に貢献したい。
「自我」を持つ人はこう願う。
この思いが、自分の才能を高めるためのモチベーションになる。

「自我」の人は、褒められて伸びるタイプだ。
自分が行ったことが、周囲の人に影響を与え、感謝をされたり評価をされること。
このことが「自我」の強いモチベーションとなる。

ただ、自分の存在の重要性に着目しすぎると、自責の心が生まれることに注意が必要だ。
自分のチームが目標を達成できなかった時に、「私の能力が足りなかったせいだ」「私がもっと努力すべきだった」と自分を責めてしまう。
チームというのは、誰か一人のせいでうまくいったりいかなかったりするものではない。
それでも「自我」を持つ人は、自分がチームの中で重要な存在でありたいと思うため、チームの責任を一人でかぶろうとしてしまうのだ。
 

自分が重要だと思うことを認めてほしい

「自我」の人は、自分が重要だと思うことを、他の人にも重要だと認めてもらうことを望む。
基本的に、「自我」の人は、周囲の人に喜んでもらうために考え行動する。
なので、自分がいいと思ったものは、周囲の人にとっても無条件にいいものだと思いがちだ。

それを周囲が認めてくれると、「自我」の人は、自分が認められたと思い、心の底から喜びを感じる。
逆に、認めてもらえないと、自分自身が否定されたように感じてしまう。
 

「自我」を持つ人

「自我」を持つ人は、自己中心的な人ではなく、他者に貢献したいと望んでいる人である。
ただ、その願いが強ければ強いほど、理想を高く持ちがちで、それに届かない自分に苦しくなる傾向がある。

もし苦しくなった時、『「自我」が私を追い詰めているだけで、自分はダメな人間ではない』と思い出すことができれば、随分と楽になるだろう。

 

関連本

4つの領域について詳しく知りたいときは

ストレングスファインダー2.0

ストレングスファインダー関連記事







広告

関連コンテンツ

-心のこと
-