その他

時間管理術の使い方がわかった

LINEで送る
Pocket

感性1st、理性2ndを意識して暮らしていたら、日々の生活の中でマイナスの感情が発生することがなくなっていた。
毎日がとても楽しい。

ただ、感性のやりたいことを優先した結果、日常のやるべきこと(やりたくないわけではないが、特にやりたいことでもない)に支障がでてきた。
具体的にいうと、役所に届けを出したり、英語の勉強をしたり(仕事で必要だ)、溜まった書類の整理をしたり、そういうことだ。

ここで初めて時間管理術が役に立つのだと気がついた。
今までの私にとって時間管理術とは、常に何かやっていなければ置いて行かれると焦る理性に勢いをつけるものであって、のんびりしたい感性にとっては息苦しい以外の何物でもなかったのだ。
でも、感性をのびのびさせる時間を確保するために時間の流れを整理する、と考えたら、取り入れることができそうだ。

まずはやりたいことを書き出して、優先順位をつけるところから始めよう。
それをスケジュールに入れてみよう。
息苦しくない程度に少しずつ。

広告

関連コンテンツ

-その他