【11月満席】12月の個別セッションは11/25受付開始です

強みを仕事に活かす専門家 しずかみちこ プロフィール

しずかみちこのブログに訪問してくださり、ありがとうございます。

「知らない世界を知ること」が行動のモチベーションで、見たことがない景色を見たくて動き回っています。
見たことがない景色は、旅行はもちろんですが、仕事でも家庭でもあらゆる日常の中に潜んでいます。
見る角度を少し変えるだけで、見たことがない景色が広がっていることがあるのです。
このブログではこれまで見てきた景色や、それを見て感じたこと、そして知らない世界を知るためにやっていることをお伝えします。

ざっくり自己紹介

しずかみちこ
1974年生まれ。仙台出身。

経理財務人事アドバイザー
Gallup認定ストレングスコーチ
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)

ストレングスファインダーのTOP5は収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考。

得意技:分析すること。「何となく」を言語化すること。次の打ち手を立てること。

分析と言語化の一例
次の打ち手の一例

  
趣味:
美味しいものを食べること(グルメではなく食いしん坊)
野球観戦(ヤクルトとオリックスを応援しつつ、実は今でも近鉄ファン)
旅行(国内外問わず、野球・温泉・美味しいもの・鉄道を巡ることが好き)

強みとの出会い

ブラック企業で人生が詰んだ

私はかつてブラック企業にはまったことがありました。

ブラック企業に入る前は、誰もが名前を知る大手企業にいたこともありましたし、新進気鋭のベンチャー企業で上場準備をする管理職もやっていました。

ところが、ブラック企業をやっとの思いで逃げ出した後に転職活動をしたところ、転職エージェントでは直近の職歴だけを見られて、その前の業績を見てくれないのです。
30代後半に差し掛かっていた私は、「この職歴では紹介できる仕事はありません」と断られてしまいます。

ブラック企業に入ってしまったせいで、人生が詰んだと思いました。

強みを活かす方向転換

それでも、働きたい私は、考えました。

「転職活動とは、自分自身を売り込む営業活動である。
それなら、自分自身の強みを明確にして、必要としているところに売り込みに行けばいいのではないだろうか。」

それまで使っていた時系列で経験を書いていた職務経歴書を捨て、私の強みである「必要なものと不要なものを見極め、不要なものを削減すること」と「経理の経験」を掛け合わせたものに作り直しました。
そして、「経理部門の業務改革に取り組みます」という売出し文句で、自分の売り込みを始めます。

そうしたところ、私に興味を持つ会社が複数社現れ、面接に呼ばれるようになりました。

面接では、その会社がなぜ経理部門の業務改革を行いたいかをヒアリングしました。
もちろん私の経歴やスキルも聞かれますが、それ以上にその会社が抱えている問題を話し合うことに重点を置きました。
通常、初対面の採用面接に来た人に会社の問題を率直に話すことはないでしょうが、私は「業務改革に取り組みます」が売り文句なので、自然と話に入ることができました。
そして、どうすれば解決できるかを話し合いました。
採用面接なのに、採用される側である私が面接の主導権を握って話をしたのです。

面接に伺った会社からは軒並み内定がでました。
中途入社では直近の会社の年収が参考にされますが、私はブラック企業時代の年収の2.5倍の年収を希望したにも関わらず、その金額、もしくはそれ以上の金額で内定通知が届きました。

「あなたには紹介できる仕事はありません」と言われていた私が、強みを打ち出すことで内定をいくつも手にすることができたのです。

強みを活かした転職活動の後

そして入社後は、自分の強みを活かして働くので結果が出ます。
結果が出ると、楽しく働けます。
そして「仕事ができる人」という評価を得ることができ、年収も毎年どんどん上がっていきました。

自分の強みを意識して活かすことで、楽しく働くことができ、結果を残すこともでき、年収も上がっていったのです。

誰でも強みを活かせば伸びる

強みを活かすことで、仕事がどんどんうまく行くようになった私は、周囲の人の強みも意識するようになりました。

そうすると、それまでは「自分勝手だ」だったり「仕事ができない」と言われていたメンバーでも、強みを意識することで実力を発揮して「成長した」と言われ始めました。
当人たちも、自分たちが評価されるようになったことで、仕事を楽しく感じられるようになっているようでした。
そして、独自の強みを活かすことで、唯一無二の存在となっていくのです。

誰でも、自分の強みを活かすことで、仕事が面白くなり、実力も上がっていくことが分かりました。

強みの学び

強みの威力を実感した私は、強み研究の第一人者である米国Gallup社のストレングスファインダーを学び、Gallup認定ストレングスコーチの資格を取得しました。

資格取得後は、ストレングスファインダーのテスト結果から、テストを受けただけでは分からない、その人独自の強みを分析する個別セッションを行っています。
2019年8月時点で個別セッションを行った人数は130人を超え、更なる強みの分析が進んでいます。

強みのつよちゃん

提供中のサービス

現在はこれまで経営者の右腕として経理・財務・人事分野から会社を支えた経験を活かして法人向けに相談に乗ったり、ストレングスファインダーの知識を活かした個人セッションを行ったりしています。

個別セッション詳細はこちら
セッションを受けられたお客様の声

 

また、講演等も行っています。

もっと私のことを知りたい奇特な方はこちらへどうぞ

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で