ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です

ランニング日誌 2020年6月編


走るまでのもろもろ

なぜ走ろうと思ったか

集中力を付けたかったから。ただ、これだけ。

集中力をつけるために走ろうと思った理由は2つ。
・高城剛のメルマガで、集中力をつけるためには30分走るといいと言っていたから
・村上春樹の本の中でも同じようなことが書いてあったから

多動であるという高城剛と、静のイメージがある村上春樹の、真逆な2人が言うのであれば試す価値があると思ったのである。

用意したもの

世の中には形から入るタイプの人もいるが、私は自分の飽きやすさを自覚しているので、まずはありものから入る。

そして情報を集めないと動けないので、図書館に行って、初心者向けのランニングの本を3冊借りてきた。

ウェアは、ジムに行く時に着るものを流用しようと思ったが、毎日走ると数が足りない。
ちょうど近所のスーパーでスポーツウェアセールをやっていたので、スポーツ用ブラジャーとズボンを購入。

鍵やスマホを入れるバッグは、最近ユニクロで大人買いしたバッグを使ってみることにした。

走り始めるまで

実は走ろうと思い立ってから、本を借りるまで1週間。
本を借りてから、走り始めるまでも1週間掛かっている。

走ろうと思ったけれど、何をすればいいのかわからなかったが、WEBで調べるほど気乗りはせず。
ただ、本は好きなので、「本を借りればいいんだ!」と思い立ってからは早かった。

本を借りてすぐに読んだけれど、3冊全部に書いてあった「走る前に準備運動をしましょう」で挫折していた。
走るのすら面倒に感じるのに、準備運動だなんて!

それで走る気を失っていたのだが、毎朝ラジオ体操をしていることに気がついた。
ラジオ体操が準備運動代わりになるのではないだろうか?
これなら、もう既にやっていることなので、面倒くささはない。

そういう訳で、毎朝、ラジオ体操後に走ることにした。

本の教え

忘れないように、3冊の本に共通して書いてあった、初心者向けのアドバイスを書いておこう。

・走る前に準備運動をしましょう
・最初から走るのではなく、歩くことから始めましょう
・歩くだけならスニーカーでいいけど、走るなら靴は大切
・息は吸うことより吐くことを意識する

ランニング日誌

ここからは毎日の記録を書いていく。
毎日追記していく予定。
日々の記録をとるのが苦手なので、続けられるか微妙だが、新しい発見があれば書くはず。
書く気にならないほど新しい発見がない日が続くなら、やり方を変える時だと思うので、そういう意味でもやる意味はあるはず。

6月28日(日)

朝起きたら、激しい雨。
ゆえに、初日から挫折。
走るのが楽しいと感じるまでは、雨の日は走らないことに決めた。

6月29日(月)

快晴。ラジオ体操後、ランニングスタート!
…と思ったのだが、ラジオ体操会場からランニングにぴったりの大きな公園まで走っただけで疲れてしまい、早歩きするのが精一杯だった。
「走るのではなく、歩くことから始めましょう」のアドバイスが正確なことを理解した。

ユニクロのポーチは紐を最小限に縮めてウエストポーチにしたけれど、走ると上下に跳ねて走りにくい。
すれ違う人は斜めがけにしている人が多かったので、明日は斜めがけにしてみよう。

公園を10分弱で1kmほど早歩き。
これでも汗ばむ。
心地よい疲労感。

朝食前に動いたら、お腹すいた。

6月30日(火)

曇り。
昨日の失敗を活かし、今日は公園まで歩いて、そこから走った。

160m走ったら疲れたので、その後は1.5km歩いてから、帰路につく。
息が切れないスピードで走っているのに、足が疲れて上がらなくなって、歩くことにした。
歩く距離は昨日より伸ばした。

持ち物問題について。
昨日と同じユニクロのポーチを斜めがけにした。

ここで発見が。
ポーチの紐の調節の仕方を間違っていた!
だから昨日は腰に巻いていたものが緩んで走りにくかったらしい。
正しいやり方でやったら、紐が緩むことはなかった。

斜め掛けも悪くないけれど、やっぱりちょっと体に当たるのが気になる。
明日は正しい方法でウェストポーチにして試してみよう。

朝ごはん問題について。
走る前に朝ご飯を食べようと思ったが、夫の起床後にもまた準備しなくてはいけないのが面倒で、家にあったBCAA粉末の試供品を飲んでみた。
空腹感もなく、お腹いっぱいで苦しくなることもなく、悪くない気がする。
試供品はあと3つあるので続けてみる。

あと、時間。
家に帰りたい時刻があるのだが、4分遅刻。
明日は今日と同じルートで、この4分を縮めるところから頑張ってみよう。

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で