ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です

ランニング日誌 2020年8月編


2020年6月29日から始めたランニング。
無事に8月に突入!

ランニングスタート時の記事はこちら

目標と進捗

先月までは20分走ると目標にしていたけれど、ランニング用の時計を持っていないので距離を目標にしようと思う。
時間は関係なく、ゆっくりでも走り続けること。

今のランニングコースが一周1.6kmなので、まずはこれを全部走り抜けることが目標だ!

ランニング日誌

日々の記録。

8月1日(土)1100m

晴れ。湿度が低くさわやか。

間が3日空いた。ここ数日、夜のミーティングに午前中のセッションがあることが続き、朝早起きすることも、走る時間をとることもできなくなったのが敗因。
今日も夜中に変な時間に目が覚めたせいで、朝の寝起きがいまいちだったのだが、走りたい気分になったので外に出た。
まさか、私が走りたい気分になる日が来るとは、驚きである。

お日様が出ていた。
ずっと曇りが続いていたので、日が照っている中を走るのは初めてだ。
ランニングコースは最初の半分は日陰だが、残りの半分は直射日光が当たる。
梅雨が開けたので、この先は天気のいい日に走ることが増えるだろう。
日焼け止めを塗る以外の対策を考えたほうがいいのだろうか?
周囲を見渡すと、帽子をかぶっている人は3人に1人くらい。

今日は1100m走ることができた。
毎日少しずつ距離が伸びているのがとても嬉しい!

8月8日(土)1200m

曇り。

梅雨が明けた途端に暑くて暑くて、走るどころではなくなってしまった。
今朝は比較的涼しい方だったので、ようやく動き出す。
と言っても、これまでは朝のラジオ体操が終わってから走っていたのだが、ラジオ体操前に走ることにした。

太陽が出ていないだけで、受けるダメージが随分違う。
湿度も高くないため、走りやすい。
驚くべきことに、800mくらいまでは無理なく走れる。
息は上がっているが、呼吸よりも脚がきつい。上がらない。

今年のはじめに受けた人間ドックで、「上半身の筋肉はまあまあだけど、下半身が全然ダメ」と判定された。
言われた時はピンと来ていなかったのだが、今になって痛感している。

というわけで800mまではスムーズに走れたが、その後の坂がやっぱりきつい。
ただ、それまでのダメージの蓄積が少ないためか、坂を登りきった後にも余力があった。
もう少し走ってみよう。

これまでで一番長い距離を走った。
帰宅後、Google Mapで見ると、1200mだった。
本当はもう少し走れそうだったのだが、それ以上走ることへの恐怖を感じたのでストップをした。

何が怖かったのだろう?
今日は午前中から夜まで予定があるので、消耗しすぎるのが怖かった。
でも、それだけか?
これまで走ったことのない距離に踏み出す無意識の恐れがないと、言い切れるか?

「幸せを恐れるものは幸せになれない」という岡崎京子の名言がある。(『Pink』)
この恐れを超えたら、もっと長い距離を走れるようになるのだろうか?

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で