【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月18日現在、お申し込みは11名となっております。(定員20名)

その他 ブログのこと

立花岳志さんの個別セッションで2017年の目標を考える

2017/10/13

LINEで送る
Pocket

事前の準備

今回のテーマ

立花岳志さんの個別セッション4回目。
私は毎回セッションで話をしたいテーマを考えて、事前にメールで送っている。
今回のテーマは「今後の攻め方」でお願いした。

2013年にブラック企業を逃げ出してから、しばらくは「休む」ことを意識していた。
2015年の年末にそろそろ動き出そうかなという気持ちになって、2016年は新しいことを始める年にすると決めた。
(ブラック企業で怒鳴り声を聞き続けた1年間の傷が癒えるのに、2年以上かかったということだ。どれだけ疲れていたのだろう。)

こうして、前から興味があったブログを立ち上げた。
ブログを書き始めてから生活が濃く楽しくなった。

同じくブログを書いている仲間や師匠との出会いもあり、自分の輪が広がった。
今後はこの流れを受け継いで、もっと前に進もうと思ったのだ。

セッション当日

2017年の目標をひとまず考えた

2017年の目標を考えてみた。

今、私は、自分の書いたものを多くの方に読んでもらいたいと考えている。
特にブラック企業関連の記事を読んでほしい。
ブラック企業にいて、辞めたくても辞めれずにいる人に、早く逃げてほしい。
そういう人に無理に責任感を発動させなくていいんだよ。と伝えたい。

どうすればたくさんの人に読んでもらえるか、そういう目標を考えた。
目標といえば数値で管理しなくちゃね、と数値目標も考えた。

立花さんの話

いくつか考えた目標を立花さんに披露した。

立花さんは私の来年の目標に強い興味は持たなかったようだ。
具体的な達成方法を話すわけでもなく、違う話をいろいろとした。

中途半端なブロガーがダメになる原因、という話が一番印象に残った。
ブログを書いて楽しくなると、多くの人に読んでほしくなる。
そうなると、多くの人に読んでもらえそうな記事を狙って書くようになる。
それがエスカレートすると、だんだん自分の書きたいことから離れてしまい、軸がぶれて、どうしていいかわからなくなり、書けなくなるのだそうだ。
なるほど、目的が「たくさんの人に読んでほしい」になると、見えない誰かに迎合して思ってもないことを書いてしまう危険があるかもしれない。

セッション後

立花さんとの個別セッションとは

これは私の場合だが、立花さんの個別セッションの時間は、私のために特別にカスタマイズされたセミナーを受けているようなものだ。
セッションの最中は、ふむふむとメモを取りながら話を聞いている時間が多い。

受講者が私一人なので、適宜質問を挟める。
私の興味の向き具合によって、どんどん内容が広がっていく。もしくは深まっていく。
とても贅沢な時間だ。

セッション中は立花さんの言葉を受け止めるのに必死である。
それなので、「気づき」はその後に訪れる。
立花さんのところからの帰り道、一晩寝た翌日、数日経過後。
ああそうか、という気付きは後から続々やってくる。

広告

今回の気づき

ブログを多くの人に読んでほしい、と思ったけれど、何でもいいから訪問者数が増えればいいとは願っていない。
ブラック企業やブラックではなくても長時間労働にどっぷりはまっていて、辛い思いをしている人に、早く逃げてほしい。
そういう人に無理に責任感を発動させなくていいんだよ。と伝えたい。

…だったら、そういう記事を書くことが、まずは大事だ。

たくさんの人に読んでもらうことが、目的ではない。
自分の心を殺して納得いかない働き方をしている人に、無理しなくていいよと伝えることが目的だ。
今の私にできることは、自分が経験したことを汎用性のある形に落としこんで分かりやすく伝えることだと思っている。
そのためには、まだまだ文章を書く経験を積むことが必要だ。
たくさん文章を書いて、自分の思いが的確に伝えられるようになりたい。

本当の目標

「たくさんの人に読んでもらうこと」が目標だと思っていた。
でも、大切なのは、たくさんの人が読みたくなる文章を書くことだ。
そして、もっと大切なのは、たくさんの人が読みたくなる文章が書けるようなるために、文章を書き続けて鍛錬することだ。
そのためには、文章をもっとたくさん書くために、自分のコンディションを整えることが必要となる。

そう思い当たって、私の2017年の目標が変わった。
2017年は、もっと自分を整えよう。
やることとやらないことを意識して、やりたいことに時間を注げる状態を作ろう。
何をやるかではなく、どうあるか、を意識しよう。
それが前に進むことに繋がるはずだ。

具体的にはどういうことかと考え始めたら、あっという間にワクワクしてきた。

もうひとつ印象に残ったこと

最初にいくつか考えていた目標のうち、立花さんが具体的に掘り下げてくれたことが一つある。
その時に言われたことが、後からじわじわ染みてきている。

「頭の中で夢を見てないで、やりたいのなら、準備をすること。
やったことがないなら、練習すること。」

2017年に前に進みたいのなら、年が変わるまで待つ必要はない。
今日からだって助走はできる。
練習も準備も立派な助走だ。

よし、動き出すぞ!

 

これまでの立花さんの個別セッションの話




Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-その他, ブログのこと