FP2級に合格するためにやったこと・3 学習道具を机の上に用意しておく


FP2級の合格を目指して、勉強を習慣にするためにやったことを書いています。

今日は3つめ。

寝る前に学習道具を机の上にセットする

電車の中でテキストを開くことができるようになり、生活に勉強が入り込み始めましたが、通勤中に学習できる時間は往復合わせても20分程度。
「このままでは試験日に間に合わない!」
という焦りが自然に湧いてきました。

そのタイミングで、朝早起きして勉強時間を作ることを始めました。
とはいえ、突然早起きして勉強するのは難易度が高いので、これもまず机に向かう習慣をつけるところからスタートします。

それまでの起床時間は朝7時。
理想の起床時間は朝6時。
突然1時間起床時間を早めるのは勇気がいりました。

我が家には眺めのいい窓があるので、その前に机と椅子を置き、毎晩寝る前に机の上に勉強道具をセットしてから眠ります。

そうして7時より1分でも早く起きられたら、その1分間を椅子に座ってぼんやりと外を眺めつつテキストをパラパラとめくりつつ過ごすのです。

勉強道具をセット

時期は早春。
木々の芽吹きの色の美しいこと!
朝、外を眺めることで、清々しい気持ちで一日がスタートできます。
その清々しさを知るにつれ、自然と起床時間も早まっていきました。
そして椅子に座ると目の前にテキストがあるので、自然と手が伸びます。
そのうちパラパラめくるだけではなく、問題を解くこともできるようになりました。

こうして徐々にですが朝早く起きられるようになり、今では目覚ましをかけずに自然に5時台に目覚めています。

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で