福袋って本当にお得?福袋のお得度合いを判定する方法


初売りといえば福袋

年明けの予定に、初売り参戦を考えている人もいるだろう。
初売りといえば、福袋。
どこの福袋を買おうか、計画を立てている人もいるだろう。

その福袋、お得ですか?

福袋を買った時、ついつい中身の値段チェックをしてしまう。
「このセーターは9000円、このスカートは15000円、このシャツは7000円。10000円で31000円分の服を買えた!」
果たして、本当にお得な買い物だったのだろうか。

福袋を、年に一度のお楽しみ、お金を払ってでも楽しみたいエンターテイメントと考えているのであれば、全く問題ない。
しかし、お金の節約のために福袋を買っていたり、福袋で得な買い物をしたいと考える場合は、きちんと福袋を見つめ直した方がいい。

福袋反省会

福袋の反省会は、やり方は簡単だ。

1.値段付け

まず、福袋で手に入れたもの一つ一つについて、お店で売っていたら買うか買わないか、買うとしたらいくらなら買うか、を判断していく。
家に帰る前に、友達と福袋の中身の交換をしたのなら、最終的に手に入れたもの(家に持ち帰ったもの)について判断する。

買わないなら、0円。
買うなら、買いたい値段。

注意点として、商品についている値札は見ないこと。
値札に大きな数字が並んでいるほど、いいものに思えてしまうが、元の値段と自分にとって必要かどうかは関係がない。

「薄手のセーターが欲しかったの!素材も良さそうだし、12000円でも買う。」と思えば12000円。
「このセーター、色も素材もサイズも完璧だけど、家に同じようなのが既にあるから買わないなあ。」だったら0円。
「このスカート、素敵だけど、チャックが閉まらない」であれば0円。
「この色は着るのに勇気がいるなあ。買わないなあ。」という場合も0円。
 

やることは単純だが、実際やるのはとても難しい。

ついつい、「この色は着るのに勇気がいるけれど、こういう機会でもないと挑戦しないから良かった。3000円。」などと、無理に理由をひねり出して値段を付けてしまう。
普段、自分が絶対手を出さないタイプの服の場合は、手持ちの服と合わせてから判断する。
着て出歩けるコーディネートが作れれば、そのコーディネートのためにいくら払えるかを考える。
手持ちの服と合わなかったり、コーディネートが作れても外に出るのを恥ずかしいと感じるのであれば、いさぎよく0円にする。

また、「私は着ないけど、メルカリで5000円くらいで売れそうだから、5000円」という値段の付け方もダメだ。
洋服の問屋ではないのだから、他所で売るための商品をわざわざお金を出して仕入れる必要はない。
自分が着ないのであれば、他で売れようとも、喜んでもらってくれる人がいようとも、金額は0円だ。

2.計算

一つ一つに値段をつけることができたら、次は合計を計算する。
このとき、0円と判定した品物は、1つにつき500円をマイナスすること。

不要なものに対して寛容な態度をとる人は多いが、不要なものは人にマイナスの影響を与えるものである。
売るにしろ、あげるにしろ、手間が掛かる。
家に置いておくと、その分スペースが減る。
不要なものに邪魔をされて、必要なものが見えにくくなる。
不要なものは価値がないだけでなく、マイナスの影響を与えるのだ。
なので、不要なもの1つにつき500円をマイナスする。

最終判断

福袋に入っていたもの全ての値段を合計する。
購入するために何時間も並んだりしたのなら、その分の時給も加味すると、実質的な価値に近づく。

こうして計算した金額が、福袋の購入価格を上回れば得をしたことになる。

福袋、買うか買わないか

損得なんて関係ない!年に一度のお祭りなのだから!
こう割り切っているのであれば、細かいことを考える必要はない。
祭りは楽しんだもの勝ちだ。

でも、もし、毎年福袋を買って、なんとなく不完全燃焼のようなもやもやした感じを受けるのなら、一度福袋反省会をして、もやもやの原因を掘り下げてみるといいだろう。
福袋を買う値段で自分が必要としているものを一つだけ買う方がお得だ、ということは往々にしてあるものだ。

いいね!をいただくと励みになります!
Facebookで更新情報をお届けします

Twitter で