ブログ開設して2年が経ちました&しづかBot!?!?


私のbot?

先日、ブログ仲間の友人数人と飲んでいた時、うち一人が「俺、しづかさんの言いそうなこと、言える」と言い出した。
試しに聞いてみたら、本当に私の言いそうなことだった。
それを面白がった友人たちが、「しづかbot」として、私の言いそうなことを次々に作ってくれた。

そのときいた友人たちは、ほぼ全員がブログを開始してからできた友人である。
付き合いは2年以下。
職場も住んでいる場所もバラバラな友人たちだ。

ブログ2年間継続

このブログを開始して、先日、丸2年が経過した。

2年間、「私の心が動いたこと」を書き続けてきた。
趣味である野球や美味しい食べ物の話、仕事の話、心そのものの話、ただのよもやま話。
ジャンルは決めないで、心の赴くままに書き散らかしてきた。

ジャンルを決めていないのに、友人たちには、私の考えの軸が分かるらしい。
そうしょっちゅう会っているわけではないのにそれが伝わっているのは、やはりブログのおかげだ。

そもそも私がブログを始めた動機も、自分の考えの軸を知りたかったからだ。
ブログタイトルでもある「自分の心を殺してはいけない」は、ブログを始めて数ヶ月後に出てきた言葉だ。
常に私の心の底にあったこの言葉を見つけることができたのも、ブログに心の動きを書いていたからだ。

それが2年経ち、周囲の人にも伝わっていたことが、とても嬉しい。

この先も、自分の心に嘘をつくようなことは書かないと決めている。
ずっとずっと、私の心の動きを書き続けていきたい。

おまけ:しづかbot

下記が、そのとき友人たちが作ってくれた「しづかbot」だ。
私が言ったわけではないし、「うわあ、それ思いつかなかったけど素敵!」というものも、「さすがにそれは言わない!」と思うものも混ざっているが、どれも雰囲気を掴んでいて面白い!

私は誰かに守られたいんじゃない。
誰かが窮地に立たされたとき、その人を全力で守ってあげられる私でありたい。
私は弱い人を助けたいのではない。世の中には弱い人などいないのだから。
もし、弱い人がいるとしたら、自分の強みを見つけられてないだけである。
夫婦間にも一定の緊張感は必要だ。
私がオンナでいることを忘れないでいるために。
誰にでも秘密はあるものだ。
人には言えない秘密がその人を輝かせているかもしれない。
大切なことは、自分の持っているものを活かすこと。
そう考えるようになると、可能性が広がっていく。
あなたがやりたいことを見つけられないのは、自分の欲望を肯定してないからだ。
本能的にイヤなことを否定してはならない。
そこに人生を切り開くヒントがあるのだから。
自分の快楽に身を委ねてみよう。
過去の後悔を取り返せるかもしれない。
男の下ネタはファンタジー。
女の下ネタはスパイシー。
それを踏まえた上で、男女でスポーティーな下ネタが話せる。
オンナは視覚で感じるんじゃない。
聴覚で感じる生き物だ。
一投一打の修羅場を潜り抜けてきた男たちからは極上のフェロモンが滲み出ている。
それを画面ではなく、球場に行って見ないか。
選手の色香を光粒子として、網膜から直接吸収できるから。
ときには一塁で止まると見せかけて、二塁へ走塁する勇気が必要だ。
予定調和な行動だけでは、男はドキドキさせられない。
素晴らしい組織とは、自分が犠牲になることを厭わない組織である。
送りバントの精神がない組織は、今すぐ逃げ出せばいい。
一発勝負の高校野球は尊い。
あのとき勝てたかもしれないという後悔の念があるから、人は深みを増していくのだ。
スター選手がいる一方で、ドラフトで選ばれなかった選手がいることを忘れてはならない。
そういう人たちこそ支えられる私でありたい。
勝ち続けるだけでは、セックスは深められない。
負けてから初めて、人はセックスと真摯に向き合うのだ。
・尊敬できない監督だったら、バントのサインに背いてもいいんだよ。

・尊敬できない監督だったら、バットで殴ってもいいんだよ♪

・尊敬できない監督だったら、笑顔で指示を無視していいんだよ

・尊敬できない監督でも、バットで殴ったら罪だ。でも、デッドボールなら合法。

・尊敬できない監督のバイクを盗んで走り出せ!

下ネタをユーモアに変えられないのは、大人の教養がないからだ。
境界線を理解することで、男と女の駆け引きはドラマに変わるのだ。
快楽の入り口は緊張ではなくリラックスから生まれるのだ。
人生に大事なのは状況を楽しむ力だ。
意味や価値のないことでも楽しめる人が、人生を謳歌できる。
それが結果的に自分の糧になっているものだ。

友人たちのブログ(座席順)

上記のbotを作った友人たち。ありがとう!

かくさん。サラリーマンが日常を楽しむ様子が書かれたブログ。
大企業の労働組合委員長という特殊な立場から見た働き方の記事が面白い。
マクリンさん。自分が使ったり試したりして良かったものの紹介がメインのブログ。
気になったことは追求せずにはいられない飽くなき好奇心から書かれたガジェット記事は、ガジェットに興味がなくても読んでしまう。
あきらこさん。税理士なカープファン。
まともに仕事をしつつ月の半分以上は野球を現地観戦するための驚異的な時間術は必見。
ブッキー。東南アジア旅行とストウブがメインのブログ。
旅行情報の詳しさには舌を巻く。力の抜けた日記記事は味があって好き。(あとベトナム人の嫁が超絶美人)

 

笑って見ていてくれた友人たち。ありがとう!

マコーリーさん。日々の生活が綴られたブログ。
ご飯作ったり、旅に出たり、いろんなアイテムを買ってみたり、優しい生活。
でぐっちさん。新しいものがいろいろ紹介されたブログ。
本人が食べることが大好きなせいか、食レポが熱い。

ストレングスコーチになるまでの試行錯誤と
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で