【お知らせ】9月23日のストレングスファインダーのワークショップは満席になりました。ありがとうございます。 ワークショップ詳細はこちら

心のこと

お金の流れの乗り方

2017/08/20

LINEで送る
Pocket

立花岳志さんの個別セッションのときに、世の中には常にお金が流れているので、その流れに乗ることで豊かになれると教わったと以前ブログに書いたが、

その時の記事はこちら

そのときに、お金の流れの乗り方も合わせて教えてもらった。

立花さんが教えてくれたお金の流れの乗り方は、とてもシンプルだった。

「もらった中から払うのではなく、まず自分が先に払うこと」

この一行に全てが込められていた。

お金の流れの乗るためのお金の使い方

少し前だったら、「お金が入ってくる前に欲しいものを買っていたら、破産しちゃう」と思っただろう。

自分が先に払うことがいい、といっても、お金を見境なく使えばいいというものではないと思う。
例えば、見栄を張りたいがための買い物をすれば、見栄っ張りの周波数を発して、周囲に見栄っ張りが集まる。
そうすると見栄の張り合いになって、お金が無くなっていく。

もしくは、買う瞬間が楽しくて、その後、買ったものはほったらかし、という買い物の仕方をしていたら、刹那の快感を求める周波数を発するようになって、刹那の快感ばかりが集まる。
そうなると、いつまでたっても満たされず、どんどんお金が無くなっていく。

お金の流れに乗るには、自分がワクワクすることにお金を使うことだ。
そうすると自分の周波数がワクワクを高める周波数になるため、豊かさが集まってくる。

 

ワクワクすることにお金を使うとどうなるか

ワクワクすることにお金を使うことは、自分が何に価値を感じるかを明確にすることだ。
例えば、世の中には大量生産で機械的に作られた商品もあれば、人の手で一つ一つ丁寧に作られた商品もある。
どちらにもそれぞれの良さがある。
大量生産で商品を作ってくれる人がいるからこそ、多くの人の手にいろいろな種類の商品が行き渡る。
丁寧に商品を作ってくれる人がいるからこそ、力強さのある味わい深い商品を手にすることができる。
どちらの商品を買うかは、どちらの作り手を応援するか、ということでもある。

自分のワクワクを意識していると「この分野に関しては大量生産でいい、でもこの分野に関しては丁寧に作られたものにしよう」というように取捨選択するようになる。
感覚が研ぎ澄まされて、自分のこだわりがある分野が浮かび上がってくる。

広告

実際に試してみた

この一ヶ月、ワクワクを意識していたら、面白いことに買い物をする回数が減った。
あんなに欲しいと思っていたのに、どうでも良くなったものがいくつもある。
常にワクワクで満たされているので、買い物で自分を満たさなくても良くなってきたのだ。
ストレスも随分減ったので、ストレス解消のためのお酒やお菓子も必要が無くなった。
不安が無くなったので、物で武装する必要もなくなった。

その代わり、自分のこだわりのある分野に対してフォーカスし、そこには躊躇わずお金をつかうようにした。
そうすると、なんとなくお金をつかっていた時とは違って、贅沢をしたという満足感のある豊かな気持ちになった。
この満足感をブログに書いたら、その記事を読んだ人が自分の経験を話してくれ、情報の交換もできて、もっと豊かさが拡がった。
新しいお誘いもいただいて、ワクワクすることがどんどん増えている。

臨時収入や年収アップといった単純で分かりやすいお金の回り方は経験していないが、豊かさが循環していることを感じている。

立花岳志さんの個別セッションを受けた時の記事はこちら

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-心のこと
-,