東東京 美味しいお店

豊田屋。あん肝たっぷりアンコウ鍋にまさかの追アンコウ!

LINEで送る
Pocket

このお店の鍋の写真を見ると、食べたくてたまらなくなる。
そんなお店、豊田屋に、昨年11月に続き2度目の訪問をした。

豊田屋

JR平井駅の北口を出ると、左側のロータリーの奥にサンクスが見える。
そのサンクスの脇の道を進むと、目の前に「浅草無双」の文字が見える。
これが豊田屋だ。
豊田屋外観

誰もがうなる白子鍋

鍋が看板メニューだが(文字通り看板にも書いてある)、一品料理もどれも美味しい。
前回とても気に入った煮凝りは残念ながら売り切れで、イワシフライ、関アジ、ブリ刺、煮込みといったところから始めた。

ブリ刺し

ブリ刺し

前回、一品料理の美味しさにあれこれ頼み過ぎて肝心の鍋が一種類しか食べられなかったので、今回は最初から鍋を頼んだ。

まずは白子鍋を2人前。
2人前とは思えないほどの、溢れんばかりの白子!
白子鍋調理前

白子鍋 取分け後

その後、アンコウ鍋(肝入り)。
アン肝のみのアン肝鍋というメニューもあるのだが、お店の方にアンコウ鍋を勧められ、言われるがままにアンコウ鍋を注文した。

これが正解!
アンコウの身は淡白なイメージだったが濃いめの出汁とぴったりで、濃厚な肝と交互に食べるといくらでも食べられそうだ。
アンコウ鍋

鍋を堪能した後、締めに焼うどんを頼んだら、鍋の残りの出汁にきしめんを入れてあげるよ、とお店の方が言ってくれた。
しかし鍋の中はほとんど出汁が残っていない。
出汁を追加してくれるのかと思いきや、追加してくれたのは、なんとアンコウ!
アンコウ投入

アンコウのヒレがたっぷり入って、そこに出汁を注ぎ込む。
煮立たせてアンコウの出汁を取るところから始まる、贅沢極まりないきしめんが出来上がった。
きしめん

お腹いっぱいだったはずなのに、あっという間に食べてしまった。

最後に

関アジにアンコウに白子にと贅沢なメニューをお腹いっぱい食べたのにも関わらず、お会計は一人4000円程度。
やはりコストパフォーマンス最強!

 

以前訪問したときの記事はこちら

 

お店情報

豊田屋
東京都江戸川区平井6-15-23
03-3618-1674
定休日:日
営業時間:16:30~22:00

広告

関連コンテンツ

-東東京, 美味しいお店