『ありのままの私』(前編)安冨歩さんが女性装を通じて本来の自分を取り戻すまで


先日、安冨歩さんの講演を受けて、安冨さんのことをもっと知りたくなって、著作を購入した。

先日の講演の話

昨年出版された『ありのままの私』は、帯に男装時代と女性装時代の写真が載っており、表紙を見るだけでもインパクト十分だ。
この本には、性器の形状は男性として産まれた安冨さんが、自分は男性のふりをしていると気づき男装を止めて女性装に切り替える過程の話と、研究テーマの日本社会にはびこる抑圧という暴力の正体についての見解が書かれている。

東大教授が男装を捨てるまで

女性ものの服を着始めた当初は男性服の置き換えとして女性服を着始めた安冨さんが、スカートを履いて外出したり職場に出掛けたりするようになるまでのステップがとても面白い。
洋服を選ぶコツや、ヒゲの脱毛の話など、その過程の写真とともに書かれていて、何度も写真を見比べては感嘆のため息をついた。
正直に言うと、50歳を過ぎてから美しくなることを追求しはじめた安冨さんとその過程に刺激を受けて、私も美しくなりたいと思ったほどだ。

 

そして、そのときに起きた心の変化も書かれている。

安冨さんが女性ものの服を着始めたきっかけは、太腿と腰が太くウエストが細い安冨さんの体型に合う服を探したことだった。
最初は体型に合うということと、種類の豊富さ、値段の手頃さ、素材や服の形状による機能性に喜んでいた安冨さんだが、ある日、女性ものの服を着ているとただならぬ安心感を抱いていることに気づく。
その安心感の源を探してみると、両親との関係に思い当たった。

安冨さんは幼い頃、両親から「そんな弱虫では、兵隊に行けないぞ!」と言われていたらしい。(安冨さんは現在50代前半、もちろん戦後の生まれである)
規律に縛られた組織に行くことが心底嫌だという思いが、大人になっても無意識下に残っていたらしいのだ。
それが、女性装をすることで「もう女の子だから、兵隊に行かなくっていいんだもん!」と安心できたのだ。

 

両親との関係によって子供の頃に植え付けられた感情が大人になっても残っていて自分を支配し続けるということは、誰にでも起こりうることで、その支配から解放されることが自分を取り戻すことに繋がる。
自分を取り戻すと、精神的にとても楽になる。
安冨さんの場合、アレルギー性鼻炎が軽減したり歯ぎしりがなくなったりなど、肉体的にも変化が出たというのだから、よっぽどだ。

後半は読み応えがある

前半は安冨さんの変化の軌跡の写真を見ているだけでも楽しい読みやすい内容だが、中盤から骨太の内容になってくる。
私の知りたかった「立場主義」についても触れられている。
ここから先は、中編・後編で記載する。

中編はこちら

後編はこちら

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で