【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月22日現在、お申し込みは12名となっております。(定員20名)

心のこと

私の人格形成に影響を及ぼした4冊のマンガ

LINEで送る
Pocket

大好きなマンガたち

昔はマンガが大好きで、私の学生鞄の中にはマンガしか入っていなかった。
本も山ほど読んだが、マンガもそれ以上に読んだ。

たくさんマンガを持っていたが、度重なる引越しでほとんど処分したが、どうしても捨てられなかったものがある。
その中でも、特に自分の人格形成に影響を及ぼしていると思うものはこれらだ。

読んだ時系列順に紹介する。

伝染るんです。

1989年〜1994年にビックコミックスピリッツにて連載された吉田戦車の4コマ漫画。
高校時代にリアルタイムで目にして、シュールで意味不明な世界の虜になった。

NHK教育を愛するヤクザ。『できるかな』のナレーションのお姉さんが変わったことで仲間と言い争いになり、殺意を抱く。
シークレットシューズを愛する主婦は、身長が1m高くなるシークレットシューズだけでは飽き足らず、膵臓が大きくなるシークレット膵臓をも手に入れる。

ああ、残念ながら、私が書く文章では面白さを全く伝えることができない。

ただ、「面白さ」というのは、日常生活のすぐ隣にあることを知った。
世間には、面白い人と言われたくて、誰にも理解できない突飛なことを言いまくる人や、他人を貶めることで笑いを取ろうとする人がいる。
しかし、笑いを取るために、他人を傷つける必要はない。
誰にも理解できないことを言って、「俺はお前と違うんだ」とアピールをする必要もない。
真の面白い人というのは、日常生活のほんのわずかな隙間に潜む面白みを、丁寧に掬い取ることができる人のことなのだ。

このことを『伝染るんです。』が教えてくれた。

 

KISSxxxx

1988年から1991年にかけて、週刊マーガレットで連載されていた一話完結スタイルのマンガ。
耽美派の代表と言われる楠本まきのマンガを、『伝染るんです。』と同時に読んでいたのだから、若さとは素晴らしい。

繊細で美しい絵と、登場人物の自由さに惚れ込んだ。
それまで、マンガに出てくる自由な人物といえば、自分と周囲の関係に悩んでいるような人たちだと思っていた。
だが、KISSxxxxに出てくる登場人物は、皆、自分の世界を持っているが、どこかほのぼのとしている。
自分でいることは、激しいことでも難しいことでもなく、周囲と軋轢を生むものでもない。
そういう世界が表現されていた。

 

火の鳥

言わずと知れた、巨匠手塚治虫のライフワークとも言われる一連の作品群。
1954年から1988年にかけて描かれている。
私は大学時代に夢中になった。

火の鳥は時を超えて読み直すたびに、驚きが増す。
巨大なコンピューターが人間を支配する未来編は1967年〜68年にかけて描かれたものだが、私が初めて読んだ1990年代よりも今の方が、物語に現実感がある。
怪我で損傷した脳を人工細胞で補われたことでロボットに恋をする話やロボットの集団自殺の話(共に復活編)は1970年に描かれているが、これも今ではありえない話とは思えなくなっている。

技術の進化が暴走した時の恐ろしさが描かれているが、進化を一律に否定するものではないとも読み取っている。
火の鳥のそれぞれの作品は、紀元前1000年頃から西暦3000年代までの幅広い年代が舞台になっている。
想定の年代によって、街の様子は全く違うが、そこに描かれている人の愛や情には変化がない。
どんなに風景が変わろうとも、変えることができないものが人間の中にあるのだ。
変わるもの、変えられないもの、変えてはいけないもの、そういったものを考えるきっかけをくれる作品たちだ。

 

ぼくんち

 
1995年〜1998年にビックコミックスピリッツに連載されていた西原理恵子の短編マンガ。

このマンガについて説明するのは難しい。
舞台は、山と海しかない田舎町。住民は貧しい。
登場人物は風俗嬢にヤクザにもなりきれないチンピラ。アル中にシャブ中。こそどろにムショあがり。
貧困に虐待が積み重なり、不幸のてんこ盛りのような町だ。

その中でも、人は生きる。子どもは成長する。
たくさんの怒りと悲しみを笑顔に隠し、明るく生きる。

舞台は昭和だが、決して「昔はよかった」という話ではない。
「貧しくても助け合って生きていた」という話でもない。
人の弱さ、醜さ、情けなさが、ほのぼのとしたタッチでこれでもかと描かれる。

このマンガについて説明するのは本当に難しい。
ただ、これを読むと、自分が持っていた倫理観の薄っぺらさが恥ずかしくなる。
自分が世の中の表面しか見ていないことに気づかされる。

 

最近心に残ったマンガとこれから読みたいマンガ

一番最近読んで泣いたマンガは、『orange』だ。
未来からの手紙をきっかけに、引っ込み思案で臆病な自分から前に踏み出す主人公の菜穂に涙した。
そしてパラレルワールドについて考えるヒントにもなっている。

そして、今読みたいマンガは、『闇金ウシジマくん』。
人間の弱さを描ききっている作品と聞いて、とても興味を持っている。

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-心のこと
-