オンラインのストレングスファインダーの個別セッション、始めました

NIPPONIA HOTEL串本熊野街道の夕食。築145年の古民家でいただく和洋折衷コース

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道


夕飯の時間がやってきた。

予約したときに、WEBで予約したのに電話が掛かってきて、夕飯と朝食の時間を聞かれたのには戸惑った。
宿だけ決めて、まだどのようなルートで行くかなどは全く決めていなかったのだ。

でも実際はチェックインの時に改めて時間の指定ができるらしい。

夕食は稲村亭

お食事は、稲村亭と名付けられた古民家でいただく。
私が宿泊した園部亭から3分ほど歩いたところにある、築145年の建物だ。

チェックインの時に「稲村亭の場所はこの道をまっすぐ行ったところです。行けばわかります」という説明だったのだけど、確かに行ったら分かったし、それ以外に説明のしようのない場所だった。

NIPPONIA HOTEL 串本

食事会場

NIPPONIA HOTEL串本の夕食

料理は紀州の食材を使った、イタリアンをベースとしたオリジナルコースと説明があった。

飲み物

飲み物は、ペアリングコースがあって、アルコールとノンアルコールから選べる。
だが、我々は夫婦ともあまり量が飲めないので、ペアリングではなく別々に頼むことにした。

ワイン、日本酒、焼酎、カクテルなど、いろいろ取り揃えられている。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

まずはシャンパンとビールで乾杯

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

みかんエールという地ビール

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

地元の日本酒

お料理

料理が運ばれてきた。

一皿目は全部マグロでできている、マグロ尽くしの前菜!
マグロの胃袋と心臓のほうれん草煮。
ブルスケッタ。
カルパッチョ。
備長炭パンに乗ったマグロサラダ。
カツ。
マグロ団子。

胃袋と心臓(写真の右上)が、内臓感があって、私好み。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

マグロづくし

 

二皿目は蒸し野菜。
パプリカは生に近く、ブロッコリーは柔らかく、じゃがいもはほくほく。
蕪はしゃきっとした歯応えはありつつ、甘味が出ている。
野菜ごとに蒸し時間を変えているようで、それぞれの野菜の特徴が引き出されている。
ソースは、ピーナッツバターベースのピリ辛ソース、ガドガトソースだ。
まさかここでインドネシア料理が顔を出すとは!

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

色鮮やかで食欲倍増

 

次はアタガシという魚。
添えられているのは、春菊の入ったジェノベーゼソース。
アタガシは脂が乗っているが味が淡白なので、ジェノベーゼソースの松の実のコクがよく合っていた。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

パリッとした皮が旨し

 

牛タンのグリル。カリフラワーソースと共に。
牛タンはふわふわに柔らかく、歯を使わなくても舌でほぐれる。
パン粉とチーズと粒マスタードが上に乗っていて、甘いカリフラワーソースに粒マスタードの酸味がアクセントになっている。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

ナイフがいらない柔らかさ

 

牡蠣とネギのペペロンチーノ。
ペペロンチーノと言われたが、出汁がたっぷり添えられていた。
プリプリとした牡蠣を引き立たせるネギの甘み。
この組み合わせ、美味しいに決まってる!

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

牡蠣が大きい!

 

洋食の流れから一転して、ムツの炭火焼きと備長炭塩。
原始焼きと名付けられたこちらの焼き魚の調理方法はこちら。
炭の周りに魚が刺さっている。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

確かに原始的

 

強火の遠火でよく焼けていて、身離れがいい。
口のなかでほろほろほくほくとする。
手で持って頭からかぶりつきたい衝動にかられたが、自制した。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

踊るような姿焼き

 

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。
マッシュポテト添え
長時間炊いた(「炊いた」という言葉に関西を感じる)というだけあって、箸で切れる柔らかさ。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

分厚い肉だが柔らかい

 

鶏とゴボウの炊き込みご飯。
熊野のお米を使っているそうだ。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

テーブルごとの土鍋ご飯

 

ご飯と同時に鰹出汁を味見させてくれた。
その出汁に追い鰹をするのをじっと見守る。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

追い鰹中

 

鰹出汁は、鰹のみの味を味わうことができる。
味が濃すぎずいい塩梅だ。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

出汁の味見

 

炊き込みご飯の1杯目は普通にいただき、2杯目は鰹出汁をかけていただいた。
鳥の出汁と鰹の出汁とゴボウの香りの混ざり具合が素晴らしい。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

ほかほかの炊き上がり

 

デザートは洋梨のコンポート、フォンダンショコラ、バニラアイスにアマレットソース。

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

クリスマスは過ぎているのですが…との声と共に

 

食後のお茶はコーヒー、紅茶、緑茶から。
カフェインのない飲み物はなかったのは残念!

NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

コーヒー

感想

地元の食材がたくさんなのが、旅行者には何よりのご馳走!
古民家の宿というと和食というイメージだったのだが、和も洋も何でもありな感じが楽しかった。

嬉しいのが、ドリンク代がすべて宿泊代に含まれていること。
地元のお酒が各種用意されているので、お酒が強い人ならもっと楽しめると思う。

お店情報

紀州原始焼 みなも (minamo)
和歌山県東牟婁郡串本町串本879-1 NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道
0735-67-7766
営業時間:17:00〜22:00
定休日:不定休

宿泊者以外も予約をすればお食事可能。

今回宿泊した宿の詳細と予約はこちら。Reluxのサイトです。
NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道

関連記事

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で