MENU
しずかみちこ
Gallup認定ストレングスコーチ
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)の専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出すためのコーチングと研修をしています。

リクルートスタッフィングで経理したり、レアジョブの管理部門立ち上げたり、ブラック企業に入ったり、上司の横領見つけて辞めさせられたり、人の会社2つ作ったりと波乱万丈な職歴の後、独立して今に至ります。

投資と経理スキルでお金をデザインし、ストレングスファインダーで強みを活かしたら、人生が楽しくなりました。

趣味は野球観戦と美味しいものを食べること

収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考
ストレングスファインダーのnote

ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です 詳しくはこちら

四ツ谷、マヌエル・カーザ・デ・ファド。ポルトガル料理は優しい料理

四ツ谷に行く用事ができた。

滅多に行かないところへの午前中の訪問だ。
せっかくなら、ランチを食べたい。

検索してみたところ、「ポルトガル料理」という言葉が目に止まった。

果たしてポルトガル人はいったい何を食べているのだろう?

そのお店に訪問することにした。

目次

マヌエル・カーザ・デ・ファド

店の名は、マヌエル・カーザ・デ・ファド。
全く意味がわからない単語で、それだけで異国を感じて、旅行に行けない昨今にとても嬉しい。

大通りから少し奥に入り、階段を降りた先にお店はある。

店内は席と席の間隔が広い。
このご時世(2021年3月訪問)のせいなのか、元々なのかはわからないが、ゆったりとしていてありがたい。

マヌエル・カーザ・デ・ファド
マヌエル・カーザ・デ・ファドの入口

マヌエル・カーザ・デ・ファドのランチ

訪問したのは平日。

ハンバーグや焼いたお肉や魚など、魅力的なメニューが並ぶ。

バカリャウ・コン・ナタス

私が選んだのは、バカリャウ・コン・ナタス。

こういうお店では、何が出てくるのか全く見当がつかないものに挑戦したくなるのだ。
「干し鱈とジャガイモのクリームグラタン」らしく、干し鱈はヨーロッパでよくお目に掛かる食材なので、それが嬉しい。

最初にサラダが出てきた。
ランチセットのサラダとは思えないほど、しっかりとしたサラダだ。

茹でられた麦、押し焼きになったひよこ豆、とうもろこし。
味も食感も違う雑穀が入っている。

野菜はシャキシャキしてみずみずしく、人参とオレンジのドレッシングもさわやかだ。

ほんのり温かいパンもかすかにモチモチしていて美味

かぼちゃのスープは、かぼちゃの味をストレートに感じることができるシンプルな味わい。

色もきれい

そして本命登場!グラタンだ!

オリーブ油が香ってくる。
干し鱈が塩辛くないかと心配していたのだが、全然しょっぱくなく、魚の滋味がじわじわと感じられる。
じゃがいもはホクホクしている。
なめらかなホワイトソースも美味しかった。

熱々の焼き立てで出てくる

食後のデザート(別注文)も気になったが、グラタンが出てくるまで少し時間が掛かったため、後ろの予定を考えて断念。

お茶は珈琲と紅茶から選べるが、私がカフェインが体質に合わないことを伝えると、ハーブティーを出してくれた。

ご厚意に感謝します

鶏モモ肉のオーブン焼き

干し鱈のグラタンから約1ヶ月後、デザートを食べられなかったのが心残りで再訪した。

メニューは、鶏モモ肉のオーブン焼き 春キャベツとベーコンのクリームソースにした。
どうやら鶏モモ肉のオーブン焼きは定番メニューであるが、ソースが季節によって変わるようだ。
(この日は4月の頭に訪問)

前回と同じようにまずサラダが登場した。

今回も豆を潰して焼いたフレークが美味しい。
ドレッシングはリンゴと玉ねぎのすりおろしが入っていて、ハーブの香りがした。

スープは前回と同じかぼちゃのスープ。

パンとスープは前回と同じ

そして、鶏モモ肉のオーブン焼き!
フワッとした柔らかい味のソースで、クリームソースにありがちなしつこさが全くない。

鶏モモ肉が見えないほどソースたっぷり

念願のデザートだ。

プリンとカステラとがあり、悩みに悩んでプリンを選んだ。

ポルトガルプリンと名付けられたそのプリンは、きちんと甘くてきちんと苦い。
本体の甘さとカラメルソースの苦さがどちらも存在感が強くて、料理が優しい味付けなのに比べてパンチがある。

飲み物と合わせて完成するデザートだと感じた。

しっかりとした固めのプリン

感想

ポルトガル料理は、味が優しく素朴な料理だった。
欧州系の料理はバターやクリームが濃くて胃が重くなるイメージなのだが、ポルトガル料理であればその心配はいらないようだ。

豚肉とアサリの料理やカステラなど、まだまだ食べてみたい料理があるので、もう一度訪問したいお店である。

お店情報

マヌエル・カーザ・デ・ファド (Manuel Casa de Fado)
東京都千代田区六番町11-7 アークスアトリウム B1F
03-5276-2432

営業時間:月~金
ランチ 11:30~14:00(L.O)/ 14:30(Close)
ディナー 17:30~19:00(L.O)/20:00(Close)

土・祝:
ランチ 11:30~14:00(L.O)/ 14:30(Close)
ディナー 17:00~19:00(L.O)/20:00(Close)

※ご予約のないディナーは営業をお休みさせていただくことがございます。

定休日:日曜日

※営業日や営業時間は変わる可能性があります。
こちらのお店は、食べログの情報をマメに書き換えているので、事前のチェックがおすすめです。
食べログから予約もできます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
[center] [/center]
目次
閉じる