3月のストレングスファインダーの個別セッション、受付中です

【経理の転職】7回転職してわかった、自分を売り込んでくれる転職エージェントの選び方


転職するときの強い味方、転職エージェント。
転職エージェントの数は多いので、どこを選べばいいか悩む人も多いのではないだろうか。

エージェントそれぞれに得意不得意があるため、自分の状況に合ったエージェントを選ぶ必要がある。

私はこれまで7回転職活動をした。
新卒で包装資材メーカーの営業になったあと、ウェイトレスのアルバイト、コールセンターの派遣、正社員で人材派遣会社に入り経理職となり、転職し、また転職し、もう一度転職し、さらに転職して今に至る。
途中、ブラック企業に入って給与が激減したが、その後は回復し、無事に人生を取り戻せた。

転職エージェントには随分とお世話になった。
かつてお世話になったエージェントにそっぽを向かれる経験もしたし、思いがけず親切なエージェントもあった。
ちなみに転職エージェントを通さない転職でブラック企業に入ってしまった。

とにかく言えるのは、転職先の会社は1つだが、転職エージェントへの登録は何社もした方がいいということだ。
私は、大手の転職エージェントをいくつか、希望の業界や職種があれば中堅、そしてビズリーチに登録することを勧めている。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントはそれぞれ特徴があるので、大手から中小まで幅広く登録した方がいい。

大手:リクルートエージェント

真っ先におすすめするのは、リクルートエージェントである。

おすすめの理由は日本最大手だから。
どの業界にも言えることだが、一番情報が集まるのは業界No.1の会社であるため、最大手の会社には迷わず登録したほうがいい。
現状の転職状況についても情報や、自分を客観的に見たときの市場価値を教えてもらうことができる。

リクルートエージェントの短所は、登録の基準が厳しいことである。
私は正社員4社目を退職したところで登録を断られてしまった。
登録の基準は表立って言わないが、私の場合は転職歴が多すぎることが原因と推測される。

大手の転職エージェントは他にもあるが、なぜリクルートエージェントだったかというと、単純に私がかつてリクルートグループの人材派遣会社に勤務していたからである。
元リクルートの社員が持つ「上司の言うことでも違うと思えば意見する」といった特徴は、入社する会社を間違えると甚だしいミスマッチになることが予想されたため、それを分かってくれそうな転職エージェントに登録しようと考えて、リクルートエージェントにした。
元リクルートグループの社員でさえ、ダメだとなったら登録させないのだから、審査基準が明確なエージェントである。

ただ、登録基準は時代によって変わるので、もし転職回数が多くても登録に挑んだ方がいい。
挑戦するのは無料だ。
登録できるかできないかは、時代の流れ、つまり時の運に左右される。

なので、深く考えず、登録に挑戦したほうが良い。

公式サイトはこちらから

中堅:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、管理部門や営業、秘書など幅広い分野の求人を持っている転職エージェントである。
語学を活かした仕事をしたかったり、専門スキルを持っていると、とても心強いだろう。

JACリクルートメントでは、外資系企業の案件も扱っている。
外資系企業の日本支社といった案件もあり、他の転職エージェントとは違う切り口で仕事を紹介してくれる。

公式サイトはこちらから

中堅:MS-JAPAN

これは経理・人事・総務・法務などの管理部門の経験者向けになるが、私が転職活動で一番お世話になったのは、管理部門に特化した転職エージェントのMS-Japanだった。

MS-JAPAN自体は中堅の転職エージェントだが、紹介される会社が中小ばかりとは限らない。
特に管理部門の採用は極秘に行われることが多いので、多くの人に見られる可能性のある大手の紹介会社ではなく、中堅に回ってくることが多いのだ。

そのため、大手転職エージェントよりいい求人情報を、MS-Japanからいくつも紹介してもらった。

公式サイトはこちらから

その他:ビズリーチ

ビズリーチは転職エージェントというより転職サイトであるが、登録をおすすめする。
理由は、思いがけないチャンスが手に入る可能性があるからである。

転職エージェントの中には、代表が個人でやっているような小さいところもある。
こういうところは独特の動きをする。
私の一番直近の転職がこのパターンだった。

ある日、ビズリーチに登録したところ、とある個人エージェントの方から連絡をいただいた。
「こういう仕事ができる人を探している会社があって、あなたのスキルに合うと思うのですが、興味ありませんか?」とのことだった。

お会いして聞いてみると、その仕事はベンチャーの立ち上げに絡むもので、私の得意分野ではあるが残業が多くなると予想されたのでお断りをした。
その時に、転職に対する思いもお話しした。

そうすると、私の職務経歴書を元に、私の希望に合いそうな会社に「こういういい人がいるのですが、御社でいかがですか?」と声を掛けてくれた。
そして、経営者との相性を重視する私のために、そこの社長と会食する機会を設けてくれた。

半年の間に3回ほどその社長と飲食し(その都度社員の方も連れてきてくれた)、安心して入社を決めることができた。
条件交渉もその人がしてくれて、給与面だけではなく、入社して1ヶ月後に1週間の休暇を取り旅行に行くという、人によってはとんでもないと思うであろう条件も通してくれた。

そして、今、刺激的な面白い仕事ができている。

個人のエージェントは、ここまで親身になってくれるのだ。

個人のエージェントと出会う機会はなかなかないが、ビズリーチは複数の個人エージェントがチェックをしている。

ビズリーチは、登録するのは無料だ。
企業からのスカウトを受けることも無料で出来るので、まずは登録してみるといい。

公式サイトはこちらから

転職活動で大切なこと

転職を考えるときに大切なのは、自分の市場価値を見定めることだ。
もう少し今の会社で頑張って自分の市場価値を上げてから転職する、という判断をするにも、今の会社では市場価値が上がらないのでなるべく早く転職するという判断をするにも、自分の市場価値を判断することが大切だ。

大手の転職エージェントに登録すると、転職市場の全体像とその中の自分の市場価値が分かるだろう。
中堅の転職エージェントに登録すると、やりたい職種や行きたい業界の中での自分の市場価値が分かるだろう。
ビズリーチに登録すると、自分個人が転職エージェントにとって魅力的な人材かが分かるだろう。

転職エージェントに登録した後に、やっぱり転職はしない、という結論を出しても問題はない。

いくつも登録するのは手間はかかる。
しかし、仕事という、金銭的にも時間的にも自分の生活の中心になるものを選ぶのだ。
ここでの手間は惜しまないほうがいい。

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で