10月の個別セッション受付中です

蒲田、香楽園。謎の鍋「秘制涮串」。辛さの裏にある旨さがジワジワと堪能できる鍋


蒲田はかつて近所に住んでいたことがあるので、街並みは地味だが、案外美味しいお店があることを知っている。
そんな蒲田に行くことがあった。
時間は昼時。
まずは何か食べることにした。

香楽園

ふらふら歩きつつも、蒲田名物の餃子を食べようと思っていた。
餃子なら確かあのお店が美味しいはず…というお目当ての店があったのだが、道を間違えたらしく思った場所になかった。
その代わりに目に入ったのがこのお店。

言葉では説明できないのだが、とても惹かれる何とも言えない雰囲気が漂っている。
予定を変更して、こちらのお店に入ることにした。

店の名は香楽園

秘制涮串

お店に足を踏み入れて、驚くことになる。
このお店の前の道路は全く人通りがなかった。
それなのに、店内はほぼ満席!
狭い店ではあるが、お客さんがたくさんいた。
しかも、日本人はいないようだった。

渡されたメニューは普通の中華料理店のメニューだが、周囲の人が食べているものは見慣れないものだった。
壁に貼ってあるポスター「秘制涮串(1680円)」がどうやらそれらしい。

真ん中のポスターが気になる

 

注文したいが、読み方が分からない。
「あれ…あれを…」と身振りで注文した。
まるで海外旅行に来た気分だ。
なんとか注文を完了し、楽しみに待つ。

一緒に頼んだ豚肉と卵とキクラゲの炒めが来た。
しっかりした味付けで美味しい。

豚肉と卵とキクラゲの炒め

 

そして、鍋が来た。
「秘制涮串」だ。

秘制涮串

 

鍋を覗くとこんな感じ。

グツグツ

 

具の紹介。
牛モツ!

ハチノス

 

昆布!

昆布

 

キクラゲ!

木耳

 

野菜!

白菜とえのき

 

出汁には唐辛子とクミンがたっぷりと効いている。
辛いが、旨味がじんわりと湧き上がってくる。
白菜も出汁を吸って、美味しくなっている。
ハフハフと夢中で食べた。

最後に私の好物、葱油餅。
パリッと焼けて美味しかった。

焦げているが、それがまた美味しい

感想

お昼時。お酒を飲みながらゆっくりご飯を食べる人たちと、ぱっと食べてぱっと帰る人たちと、どちらもいて店内は大賑わい。
異国の言葉が飛び交っていて、それがまたスパイスとなって更に美味しく感じた。

ところで、「秘制涮串」の読み方は未だに分からない。
もう一度食べたいが、次行ったときにあのポスターがなかったら、どうやって頼めばいいのだろう。

別メニュー。茄子の丸焼きが時価だった。気になる。。

お店情報

香楽園 蒲田西口店
東京都大田区西蒲田7-29-3 第三久保井ビル
03-3733-0872
営業時間:11:00~17:00、17:00~6:00
定休日:無休

同じ地域の他のお店

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で