11月の個別セッション受付中です

熱海、釜つる。自分で選んだ干物を焼いてもらえる珍しい魚が食べられるお店


先日の熱海に行く予定があった。

やはり熱海に行ったら、美味しいお魚を食べたい!

そしてお刺身だけではなく、火を通した魚も大好きなので、美味しいと聞いた干物屋さんを訪ねてみた。

釜鶴と釜つる

こちらの干物屋さん、干物を売る店舗と、食事ができるお店が分かれている。

干物を売る店舗が釜鶴。
食事ができるのが釜つるだ。

この2店舗は近隣で、なんと釜鶴で選んだ干物を、釜つるで焼いてもらうことができるらしい!(焼き料金無料)

そう聞いたら、干物屋さんも覗いてみたくなる。

釜鶴

さっそく干物屋さんである釜鶴を訪問した。

店内には、美味しそうな干物がたくさん!
相模湾の名物アジやキンメダイはもちろん、鮎といった珍しい干物も売られている。

その中から、キラキラ光って美味しそうなキビナゴ、初めて見る魚のエノハ、そしてぷっくりと丸々して美味しそうなイワシを選んだ。

焼いて欲しいとお願いすると、「お店にお届けします」と言ってくれる。
お代も食事と一緒に払えばいいらしい。
名前を告げ、あとはお願いする。

というわけで、魚を選んで、後はおまかせして、食事ができる釜つるに向かった。

干物屋、釜鶴

釜つる

干物屋釜鶴を出て左に進み、すぐの路地を入ると、そこに食事処釜つるがある。

平日の昼間、開店とほぼ同時に入ったが、店内はほぼ満席。
ギリギリで待たずに入ることができた。

椅子に座ると、「干物を頼みましたか?」と名前を確認された。
干物はすぐに焼いてもらうようにお願いした。

食事のできる釜つる

定食と干物

干物でお酒を、といきたいところだが、この日は時間の余裕がなく、泣く泣く諦めて、お昼らしく定食を頼むことにする。

頼んだのは、伊豆金丼。2160円。
熱海の名物、金目鯛が主役の丼だ。

金目鯛も楽しみだが、やはり自分で選んだ干物も待ち遠しい。

目の前で焼いてくれるので期待が高まりまくる

 

ついにキビナゴが登場!
すっかり焼かれてしまったが、あのキラキラした身体の面影は残っている。

さっそく、一匹。
美味しい。
噛み締めるたびに旨さがが広がる。
小さいから干すと硬くなるのではないかと思ったが、身はぷくっとしていて、全く硬くない。

キビナゴ御一同様

次にエノハも登場!
別名ひいらぎとも呼ばれるこの魚は、日本の限られた地域でしか食べられないそうだ。

一口サイズの小さい身体を口に入れる。
ぬおお!美味しい!
薄い身体なのだが、中のワタがとろっとする。
身の甘味とワタの苦味のバランスが素晴らしい。

5cm程度の小さな魚

 

そしてイワシも登場!
イワシの干物はよく食べるが、ここまで丸々としたイワシは見たことがない。

さぞかし脂っぽいかと思いきや、意外にもさっぱりとした味で、身の旨さをシンプルに楽しめる。

ぷくぷくとしたイワシ

 

干物を楽しんでいると、定食もやってきた。

伊豆金丼

 

少量ずつの三種の丼が楽しめる定食だ。

まずは、釜揚げしらす丼!
こちらの丼、なんとしらすがご飯より多い。
ぷっくりしたしらすなので、食べごたえがある。

釜揚げしらす丼

 

そして、金目鯛のほぐし丼!
干した金目鯛をほぐしたものが、ご飯にたっぷりと乗っている。
干された分、金目鯛の旨味が凝縮されており、喉の奥にその旨さが広がる。

金目鯛のほぐし丼

 

最後は、金目鯛煮付け丼!
煮汁は甘すぎることなく、魚の味が活きている。
ほろっと身離れが良く、食べやすい。

金目鯛煮付け丼

 

添えられている漬物は、大根にキュウリとキャベツ。ショウガにふきのとう。
バラエティ豊かなうえに、とても美味しかった。

漬物たち

感想

これまで旅先で美味しそうな珍しい干物を見つけても、帰る直前でもなければ泣く泣く諦めていたのだが、気になったものをすぐに食べられるのが有り難く、楽しかった。

そしてプロが焼いた干物は、焼き加減が完璧で、とても美味しい。
自分で焼くと、火が通り過ぎて中まで固くなってしまいがちだが、プロが焼くと、ふわっとしたりトロっとしたり、ここまで食感が違うのだと驚いた。

美味しくて楽しいお店だった。

お店情報

海幸楽膳 釜つる
静岡県熱海市銀座町10-11
0557-85-1755
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:水曜日、第3木曜日

同じ地域の他のお店

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で