12月の個別セッション、受付中です

大邸十味の1つ、タロクッパ。ハニル食堂は栄養たっぷりで滋味深い味。


韓国での朝ごはんは温かい汁物を選ぶことが多い。
移動で疲れ気味の胃腸を優しく温めてくれるからだ。

そういうわけで、大邸旅行の2日目の朝は、大邸十味の一つでもあるタロクッパ。
私はあらかじめスープにご飯が入っているクッパが好きなのだけど、タロクッパの「タロ」は別々という意味で、ご飯とスープが別らしい。

タロクッパの店はいくつかあるが、便利な場所に人気店があったので、そこを目指した。

ハニル食堂

その店の名はハニル食堂。
中央路駅のすぐ近くである。

細い脇道に入るが、外観の写真を見ておけば、すぐに見つかるだろう。
ハングル文字の看板はぱっと見では判別できないので、こういう印象的な外観の店は見つけやすくてありがたい。

蔦が印象的な外観

ソンジタロクッパ

店に入る。
土曜の朝9時過ぎ。
店内には先客が1組。

英語は通じないようだが、「タロクッパ!」と言えば、それで注文完了。
店内が蒸し暑かったため、大型扇風機のスイッチを入れて我々に向けてくれるというサービスもあった。

ほんのひとときの間の後、ずらずらと皿が登場した。

タロクッパ御一同様

 

付け合せは、ニラと海苔とにんにく!

ニラもにんにくも生

 

キムチは、白菜とカクテキ!

この壺も食卓に置いてくれる

 

そして、タロクッパ!

具沢山!

 

タロクッパを口に入れた瞬間は、さっぱりしてるかと思った。
だが次の瞬間、よく煮込まれた具材からでた出汁が混じりあった複雑な旨味が、舌の上に広がった。
これは旨い。

ニラとニンニクを入れるとコクがでる。
ご飯にタロクッパをかけ、海苔を混ぜ込むと、あまりの美味しさにいくらでも食べられそうだ。

そして、もう一つ置かれた、謎のこのお椀。
中身はソンジ。
牛の血を固めたものらしい。

見た目は大きい内臓だが食感は全然違う

 

レバーのようなものを想像しながら、ソンジを口に入れる。
あれ?レバーとは全然違う。

食感はプルプルとしていて、寒天というかゼリーというか。
味はほとんどしないため、美味しいとも不味いとも言い難い。
不味くはないが、美味しくもないため、大量に食べるのは少ししんどい。
でも血の塊、つまり鉄分の塊だと自分に言い聞かせて、がんばって食べた。

こちらのキムチは、発酵が進んでおり、酸味が強く、辛さ控えめ。
こちらも身体に良さそうである。

お腹いっぱい食べて一息ついていたら、食後のお茶を出してくれた。
甘いニッキ茶だった。
シナモンではなく、あえて「ニッキ」と言いたくなる、ニッキ飴を溶かしたような味で食後のデザートのようでもあった。

強いシナモンの香りにびっくり

感想

野菜も肉もたっぷり取れるタロクッパ。
牛の血にキムチにシナモンと、これでもかと身体に良いものが出てくるのは、韓方の町大邸だからか?
滋味深い味でとても美味しく、さらに栄養価も高そうで、一石二鳥の得した気分になれる朝ごはんだった。

なお、1人8000W(この日のレートで720円)

お店情報

ハニル食堂
ハニルシッタン / 한일식당
大邱広域市 中区 慶尚監営キル 112-1
(대구광역시 중구 경상감영길 112-1)
営業時間 7:00~21:00 ※早期閉店あり
休業日 第1・3日曜、旧正月・秋夕(チュソク)の連休

大邱旅行記

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で