11月の個別セッション受付中です

『激変!ビフォア・アフター』髪型とメイクを変えてアラフォーでももっと美しくなる!

激変!ビフォア・アフター


自分を変えたいとき、外見を変えることは即効性があり、効果が高い。
髪型に服装。女性であればメイクも変えられる。

私自身も最近髪型と服装とメイクを変えて、自分の内面にまで変化が現れて驚いた経験がある。

それなので、この本『激変!ビフォア・アフター』は頂いた本なのだが、読む前から期待が高かった。

激変!ビフォア・アフターの著者のお二人

『激変!ビフォア・アフター』の筆者は、ヘアメイクアップアーティストの山口直美さんとメンタルコーチのeriさん。
二人は姉妹で、二人で「ビューティーチェンジ」というヘアメイクレッスンを行っている。
このレッスンは、八方塞がりの現実を打破したい人や、これまでの自分から変わりたい人が対象で「なりたい自分」を手に入れることができるらしい。

「ビューティーチェンジ」の特徴

変わりたいと願っても、次の2つのどちらかが分からないと動き出すことができない。

  1. どのような自分になりたいのか
  2. どうすればなりたい自分に近づけるのか

私自身も、過去にヘアメイクレッスンを受けたことがあるが、最初に「どんな自分になりたいですか?」と聞かれて、そこで思考が停止してしまった。
うまく自分の気持ちを言い表せないので、教えてもらったヘアメイクもいまいちしっくり来なかった。
1の「どのような自分になりたいか」が分からないと2の「どうすればなりたい自分に近づけるのか」だけを聞いても自分のものにならないのである。

山口直美さんとeriさんのヘアメイクレッスン「ビューティーチェンジ」が巷のヘアメイクレッスンと違うのは、1の「どのような自分になりたいのか」にも対応していることだ。

メンタルコーチのeriさんが「なりたい自分」の言語化をサポートし、ヘアメイクの直美さんがそのなりたい自分を実現するヘアメイクを提案する。
だからこそ、全国から予約が殺到するのだろう。

『激変!ビフォア・アフター』で分かること

この本の目次を紹介する。

    CHAPTER1 実録!ビフォア・アフター
    CHAPTER2 「今までで一番、似合ってる」と思える髪型の見つけ方
    CHAPTER3 アラフォーメイクの常識は間違いだらけ
    CHAPTER4 顔が整形級に変わるメイクのポイント
    CHAPTER5 10大悩みを解消する魔法のテクニック!
    CHAPTER6 「今の自分が最高!」と思えるなりたい自分の見つけ方
    おすすめコスメリスト

CHAPTER1は実際の変化と変化のポイントがカラー写真で掲載されている。
CHAPTER2は髪型の話。
CHAPTER3〜5はメイクの話
CHAPTER6はなりたい自分の見つけ方の話。
最後に、おすすめのコスメが写真付きで紹介されている。

この本の特徴

目次からも分かる通り、メイクのテクニックが一番たくさん書かれている。
メイク本はたくさんあるが、この本の特徴は、アラフォー以降の女性をターゲットにしているところだ。

例えば、色素沈着した唇の色の補正方法や、目の充血が目立たないメイク方法、目の下のくすみの活かし方など、年令を重ねたからこそ生まれる悩みと上手に付き合う方法が書かれている。
若者向けの雑誌だと、目の下のくすみの消し方にエネルギーが向かうが、抵抗しても抵抗しきれない体の変化を受け入れてプラスに変えていくテクニックを知ることは、人生をも前向きにしてくれる。

おすすめのコスメも、巻末だけではなく文中にもふんだんに紹介されていて、プチプラからデパコスまで幅広い。
この本を読んで試してみたい項目が見つかった時に、同じものを指名買いできるのはありがたいと感じた。

 

なりたい自分の見つけ方に関しては、この本で見つかる人と、見つからない人と、どちらもいると感じた。
なぜならば、自分のことを正確に把握することは、他人を理解することよりも難しい。
これまでの経験による思い込みが邪魔をして、自分の本当の気持ちにたどり着けないことはよくあることだ。

この本にも、自分を客観視する方法がいくつか挙げられているが、それでも難しい場合があるだろう。

そういう人は一人でもがくのではなく、この本の著者の「ビューティーチェンジ」レッスンを受けるのがいいだろうなと感じた。

関連記事

私の思う、なりたい自分の見つけ方。

この本をおすすめしたい人

この本をおすすめしたいのは、アラフォー以上の年齢の、今の自分からもっと前向きに変化をしたい女性だ。

自分がどう変わりたいかが明確な場合は、この本に書いてある、美容師さんにオーダーするテクニックとメイクテクニックで、なりたい自分に近づけるだろう。

自分がどう変わりたいかが不明確な場合は、この本のワークをやってみるといいだろう。
そして、ワークでも分からなかった場合は、この本を読んで相性が合いそうであれば、「ビューティーチェンジ」レッスンに申し込むといいだろう。

また、特になりたい自分がなくても、この本にはアラフォーの悩みをメイクで解消するコツがたくさん載っているので、自分の納谷まみに当てはまる部分を取り入れるだけでも自分をブラッシュアップすることができるはずだ。

自分の外見に気を使うことは、自分自身をいたわることにも繋がる。
自分自身と向き合い、大切にすることが、自分を大切にする鍵になる。

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で