MENU
しずかみちこ
Gallup認定ストレングスコーチ
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)の専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出すためのコーチングと研修をしています。

リクルートスタッフィングで経理したり、レアジョブの管理部門立ち上げたり、ブラック企業に入ったり、上司の横領見つけて辞めさせられたり、人の会社2つ作ったりと波乱万丈な職歴の後、独立して今に至ります。

投資と経理スキルでお金をデザインし、ストレングスファインダーで強みを活かしたら、人生が楽しくなりました。

趣味は野球観戦と美味しいものを食べること

収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考
ストレングスファインダーのnote

ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です 詳しくはこちら

松本匡史トークショーで学んだこと。一番大切なのは「決める」こと

トレカフェスタ!

トレカフェスタというものが定期的に開催されている。
トレーディングカードのフェスタなのだが、メインは野球のカードだ。

私は野球は好きだがカードは集めていないので、今までは興味がなかった。
でも今年は違う。
私が生まれて初めてファンになった野球選手で、今も憧れのヒーローの元巨人軍の松本匡史氏のトークショーがあるのだ!

 

目次

松本匡史氏トークショー

入場料500円を払って、会場に入る。
会場の一番奥のイベントスペースは混み合っていて、立ち見も出ている。

トークショーは、松本氏の鉄板ネタであるプロ入りの経緯から始まった。
(本当はプロ入りするつもりはなかったのに、長嶋茂雄に「ちょっとこっち来て。ここ座って。」と新入団発表の席に座らされてしまい、入団せざるを得なくなったのだ。)

松本匡史

盗塁をする際に、一番大切なことは?

松本匡史の持つ、盗塁年間76個という数字は、引退から19年経つ今でも破られていないセ・リーグ記録である。
トークショーの終盤、「盗塁をする際に、一番大切なことは何ですか?」という質問があった。
答えは「決断力」だった。

足がどんなに早くても、走塁の技術が優れていても、「走るぞ!」と決めてスタートをきらないと盗塁はできない。
そして走ると決めたなら、「アウトになったらどうしよう」などとは考えず、次の塁まで全力で駆ける。
結果は全力で駆けた後に分かるのだから、脇目を振らずに走るのだ。

 

大切なのは、決めること

スポーツでも事業でも、どんな分野であろうと、一つの道を極めた人の言葉は、全ての道に通じる言葉である。
松本匡史氏の言葉も、盗塁に限らず、どんなときでも重要なことだと感じた。


まず、決める。
決めたら、失敗を恐れない。
迷わず、全力を出す。
振り返るのは結果が出てからでいい。

そう、まず「決める」ところから、全ての挑戦が始まるのだ。

松本匡史の本

※私の幼かった頃の愛読書で、もちろん今も持っている。中古本のあまりの高値に驚き。

created by Rinker
¥1,780 (2021/10/17 16:20:53時点 Amazon調べ-詳細)

[PR]プロ野球見るならDAZN。ライブ配信やってます。1ヶ月間の無料トライアルあり

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
[center] [/center]
目次
閉じる