【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月18日現在、お申し込みは11名となっております。(定員20名)

1.飲食したお店 美味しいもの

宮わき 四谷三丁目〜荒木町でひっそりと一足早い春を楽しむ

2017/05/04

LINEで送る
Pocket

友人から食事のお誘い。
しかも、私が前から会いたいと思っていた方もお誘いしているという。
行く!と即答してから考えた。荒木町ってどこだろう?
最寄駅は四谷三丁目。
google mapに連れられて、初めてのエリアに足を踏み入れた。

宮わき

四谷三丁目から5分ほど歩く、柳新道通りにお店はあった。
開店は2012年とのことだが、オープンしたてのような、しゃきっとした佇まいの入り口である。

心温まる料理の数々

まず、先付け。
フキで春を感じで嬉しくなったところに、日本酒にぴったりの味付けがされた魚卵、ときたら、日本酒を頼まざるを得ない!

日本酒は、お酒をまろやかにすると言われている、錫の酒器で供された。
龍神酒造の、「尾瀬の雪どけ」が純米大吟醸らしい華やかさで春の喜びを盛り立てる。

お椀にはこごみが。
さらなる春の訪れでますます嬉しくなる。

鯛の甘みに感激したお造りと、これまた春が香る鱒の木の芽焼き。

そしてカキフライ。添えられたタルタルソースが絶品で、これだけでもお酒が飲める。

揚げ物の後は、さわらのみぞれあんかけの柔らかな味に癒される。

このタイミングでナマコ酢が出てきて、日本酒のラストスパートを促す。

締めは、ネギとジャコの炊き込み御飯。
テーブルごとに炊いてくれる。
お味噌汁と一緒に、ほっと一息。

感想

これだけお腹いっぱい食べて、なんと料理は6000円のコース。
季節をここまで感じられて、このお値段はありがたい。

店内は、広くはない。
カウンターが7席、奥に4人掛けのテーブル席が2つ。
でも、このこじんまりとした雰囲気が、初対面の方との距離を縮めるお手伝いをしてくれたように思う。
気取らない空気の中で気さくに、でもひっそりと語らいたい、そんな場面にぴったりのお店だった。

このときご一緒させていただいた、前からお会いしたいと思っていたKaku-sanが書いた宮わきさんの紹介ブログを発見。写真がきれい!
飲んだ日本酒の銘柄を、Kaku-sanのブログで思い出すことができた。
尾瀬の雪どけ、美味しかったなあ。

お店情報

宮わき
東京都新宿区荒木町9 正起ビル 1F
03-5379-6545
定休日:水曜
営業時間:17:00~23:30(日曜は22:30)

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-1.飲食したお店, 美味しいもの
-,