【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月22日現在、お申し込みは12名となっております。(定員20名)

1.飲食したお店 美味しいもの

呼子のイカは透き通る美味しさ。河太郎呼子店にて。

LINEで送る
Pocket

先日の釜山旅行のあと、用事があって私の両親が住む福岡に立ち寄った。
そこで、呼子にイカを食べに行こうという話になった。
早速、呼子に車を走らせた。
 

河太郎

呼子にイカの名店は数あれど、今回は東松浦半島の端の端に位置する、河太郎に行ってきた。

土日祝は10:40開店。我々が到着したのは11時。
それなのに店は満席、34組待ち。1時間待つと言われた。

他のお店も似たような状況だと思われるので、1時間待つことにする。
この河太郎はすぐ隣にお店もあるので、ウロウロする。
なお、番号が呼ばれた時に店にいなかった場合でも、戻ってきて整理券を見せれば、その次に席が空いたタイミングで通してもらえる。

店のすぐ裏は海。青々とした海。

 

透き通ったイカ!

結局、1時間20分後に、席に案内された。

生簀内ではたくさんのイカが我々を待っていた。

もちろん注文はイカ活き造り定食である。

注文してすぐに、お吸い物ともずくが出てきた。

口がさっぱりしたところに、イカが登場!
この透き通りっぷり!!

小ぶりと判断されたのか、4人前で5杯きた


まだ生きているため、目が合う。ギョロリ

とろける甘さ。ねっとりとした舌触り。コリッとした歯触り。
やはり呼子のイカは格別だ。

イカと一緒に、定食のその他のお皿も登場。
ごはん、赤だし、お漬物、イカシュウマイ。イカシュウマイのタレと、刺身用醤油だ。

呼子のイカのお楽しみは、食べ終わったあとのゲソ天である。
他に塩焼きも選べるが、塩焼きだと味が単調で飽きてしまうので、私は天つゆで味の濃度を変えられる天婦羅の方が好みだ。

イカ5杯分なので山盛り


 

感想

今までも何度も呼子のイカを食べているが、すぐにまた食べたくなるのは、刺身と天婦羅というシンプルな食べ方のせいだろうか。
素材がいいと、調理はシンプルでいい。

呼子のイカは博多でも食べられるが、呼子で食べた方が美味しいような気がするから不思議である。
気のせいと言われようと、両親が呼子の近くに住む幸せを享受しよう。

お店情報

河太郎 呼子店
佐賀県唐津市呼子町呼子1744-17
0955-82-3208
営業時間:
[月]11:40~19:00(L.O.18:00)
[火~金]11:40~20:00(L.O.19:00)
[土・日・祝]10:40~20:00(L.O.19:00)
定休日:お盆・正月

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-1.飲食したお店, 美味しいもの
-,