【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月22日現在、お申し込みは12名となっております。(定員20名)

旅行記

列車が2時間以上遅れた時、後日払い戻しを受けるためにやっておくこと

LINEで送る
Pocket

秋のお出掛けシーズンがやってきた。
同時に、台風シーズンもやってきた。
電車が遅延する厄介な季節だ。

新幹線を含むJRの特急列車は、二時間以上遅れると、特急料金の払い戻しがある。
これは特にアナウンスはされず、自分で払い戻しの手続きをしないと適用とならないので注意が必要だ。

とはいえ、二時間も遅延したら疲れ果てているだろう。
一番てっとり早いのは、到着した駅で払い戻しの手続きをすることではあるが、きっと長蛇の列だろう。
手続きの行列に並ぶのが苦痛で、諦めてはいないだろうか。

その時は、後日(1年以内)、最寄りの駅のみどりの窓口で払い戻しをしてもらうことができるので、準備だけしておこう
 

新幹線特急券を払い戻してもらうには

紙のきっぷを使用した場合

指定券の場合

到着駅で自動改札を通ると、遅延を証明するスタンプが押された特急券が出てくるので、忘れずに受け取ろう。
これを持って、後日みどりの窓口に行けば、払い戻しの手続きをしてもらえる。

緑の丸の部分が払い戻しスタンプ

自由席券の場合

自由席の場合は、駅の改札口で配布されている遅延証明証が必要となる。
行列ができているとは思うが、払い戻しの列よりはスムーズなはずなので、もらっておこう。

後日、遅延証明証を最寄りのみどりの窓口に持っていけばいい。
 

EX予約専用ICカードの場合

自動改札機でピッと入出場した場合は、何もしなくて良い。
自動改札機を通過したデータによって、自動的に返金されるのだ。


 

新幹線以外の特急券の場合

最終的に到着した駅で、有人改札から出場する。
その際に「後日、遅延の払い戻しを受けたいのですが」というと、きっぷに乗車済ハンコを押して返却してくれるか、遅延証明証を出してくれるかするので、それをみどりの窓口に持っていく。
 

みどりの窓口

なお、列車の遅延情報はJR各社が共有しているので、JR北海道〜九州まで、どこの管轄でも払い戻しを受け付けてくれる。
ただ、JR東日本の窓口でクレジットカードで購入した場合、JR東海の窓口では現金での払い戻しとなる、というように、クレジットカード払いの場合は、購入したときと違う管轄のみどりの窓口に払い戻しをお願いすると現金での精算になる。
 

さいごに

列車が遅延した時、ホームに立っている駅員さんを怒鳴りつけている人がいるが、ホームにいる駅員さんはスマホで検索できる我々よりも情報を持っていないので、怒鳴りつけても何も出てこない。
情報が分からなくて泣きたい思いをしているのは、むしろ駅員さんの方なのだ。
駅員さん個人に権限があるわけでもないので、いくら怒鳴りつけても、一人だけ美味しい思いをさせてもらえることもない。

遅延で困ったことがあれば、有人改札やみどりの窓口にいる駅員さんに、相談してみよう。
深夜の遅延の際の列車ホテルや、タクシー送迎の予定がある場合、その旨を教えてもらえるかもしれない。

なお、駅員さんも人である。
私の今までの経験で言うと、皆が駅員さんに怒っている時に、そこで丁寧に質問すると親身に相談に乗ってもらえるような気がしている。

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-旅行記