秋葉原で魚貝を食べるなら潮音!美味しいのに銀座の半値以下の激安さ!


友人たちと「貝の会」という会を作り、季節ごとに集まっている。
主なそして唯一の活動は、美味しい貝が食べられるお店でひたすら食べまくることである。

会の規則は2つ。
・値段を気にせず頼む
・他の人の顔色を気にせず頼む

自分が食べたいものを食べたいだけ頼み、分かち合って食べる。
これができるのは、何を頼んでも美味しく、コストパフォーマンスがずば抜けているお店と出会えたからである。

潮音

場所は秋葉原。
美味しい魚介とは縁のなさそうな場所であるが、秋葉原にある「潮音」という店が、貝の会メンバーのお気に入りだ。

JR秋葉原駅昭和通り口から、昭和通りを北上すること徒歩3分。
この立地の良さもポイントが高い。

食べまくり飲みまくり

4人でひたすら食べまくった。
食べたものと飲んだお酒を全品載せてみよう。

まずはスパークリング日本酒で乾杯

お通しはシジミの潮汁。濃厚なシジミエキス。オルニチン!

生牡蠣は厚岸のカキえもん

小肌とヤリイカ

佐渡のブリと釣ったサワラの炙り

白子ポン酢。ぷりぷりとろり

アワビの酒蒸し

赤貝の刺身

みる貝の刺身

たらの芽の天婦羅。1月にたらの芽が食べられるとは。香りはさすがにまだ薄め

ナマコ酢。ナマコは鮮度が落ちると劇的にまずくなるが、ここのは安心して頼める

京芋の竜田揚げ。衣にうっすらついた味がいい塩梅

花わさびのおひたし

潮音名物、生鯖の刺身。鯖は足が早いので食べられる店は限られる

穴子入り出し巻き卵。ふわふわの優しい味

銀鱈の西京味噌焼き

庄内アサツキのかき揚げ。揚げたネギは鉄板の美味しさ

ホッキ貝の刺身

つぶ貝のヌタ。好きな貝をヌタにしてくれる

大アサリの酒蒸し。ハマグリ並みの大きさ!

鮟肝の角煮。濃厚な鮟肝のおかげで日本酒がさらに進む

アオヤギの刺身

サザエの炙り刺。香ばしい香りがさらに旨さを引き立てる

ふぐのかき揚げ

イワシとメジマグロの握り寿司

ときしらずは熱燗で、あとは冷やで

季節限定の珍しいお酒も出していただいた

結局、お店にある食材はほぼ一通り食べ尽くし、大満足となったのだった。

感想

これだけの魚貝を食べ尽くせば、いくらお酒を飲んでいても、お会計の瞬間はドキドキする。
皆で財布を握りしめ、覗き込んだ伝票には「28480円」の文字。
これだけ質の高い魚貝を食べまくって、なんと1人7120円!!!
またしてもコストパフォーマンスの良さに驚かされる結果となった。
「銀座の半値以下」のキャッチフレーズは嘘ではない。

お店情報

潮音 (シオン)
東京都千代田区神田松永町17-3 B1F
080-5514-1239
営業時間:月~木、土 18:00~23:00、金 18:00~27:00
定休日:日曜日

予約は食べログからでも出来ます↓

別の日の訪問記

春の訪問

 

初夏の訪問

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で