浅草むぎとろ。懐石料理店のランチバイキングがたったの2000円!(もしくは1000円)


平日の浅草に平日には魅力的なランチがある。
がっつり食べたい気分だったので、バイキングを選んだ。

バイキングといっても、懐石料理店のバイキングだ。
美味しいものが食べられる。

浅草むぎとろ

とろろと麦飯が名物の店が今日の目的地だ。
地下鉄銀座線の浅草駅から都営浅草駅方面に少し歩くと、お店はある。
大きい綺麗なビルだ。
お昼時は順番待ちの人たちが店の前のベンチに座っているのですぐ分かる。
夜はなかなかいいお値段のする割烹料理店なのだが、昼のランチのバイキングは手頃な値段で自慢のむぎとろとおかずが食べられる。

バイキングは1000円と2000円の2種類ある。
この日は仕事がいい感じに進んだご褒美ランチだったので、2000円を選んだ。
お店の前に立っている店の方にその旨を告げると、すぐに案内された。

1000円のバイキング
・11時〜14時
・とろろはオーソドックスな味付けとろろのみ
・他におかず2品、麦ご飯、漬物、味噌汁
・1階で相席
2000円のバイキング
・11時〜15時
・味付けとろろに加え、味噌とろろと長芋とろろの3種類
・他におかず13品、麦ご飯、漬物、味噌汁
・最上階。相席なし

きれいな眺めとバイキング

エレベーターで屋上(といっても、屋根と壁はある)に到着。
案内されたカウンター席は隅田川を見下ろせる、気持ちのいい席だった。

いい天気

眺めを楽しむのはそこそこに、さっそく食事に取り掛かる。

ずらりと並ぶおかず。
ご飯と相性が良さそうなものばかりだ。

好物のピリ辛こんにゃくに歓喜!

 

ふっくら焼けた卵焼きもある。

あっさりとした味付けの卵焼き

 

一番人気のおかず、漬けマグロ。

長芋とろろと合わせて山かけにできる

 

ほっとする味、ナスの煮浸し。

ナスの煮加減が絶妙で2回おかわりした

 

たっぷり作られたおでん。

卵も大根もはんぺんもあって満足

 

そして、麦ご飯にとろろ2種!

炊きたてを常に補充してくれる

オーソドックスなとろろに珍しい味噌味とろろ

 

うどんもある。

そのまま食べてもいい。山かけうどんにしてもいい

 

なぜかカレーもある。

さすがにとろろを合わせる気にはならなかったが、合うのだろうか?

 

ソフトドリンクは飲み放題。
アルコール(生ビール、瓶ビール、ウイスキー、焼酎、ワイン赤・白)は一杯500円で頼める。

他にもコーヒー・紅茶がある

 

食後にはちょっとしたデザートもある。

見た通りのお味。

 

これだけのものを好きなだけ、きれいな景色を見ながら楽しめる。

感想

とろろは好きだが、なかなか食べる機会がない。
それを思う存分食べられて嬉しかった。
とろろ以外のおかずも、安心感のある味付けでついついたくさん食べてしまった。
夜ご飯が入らないほど、食べてしまった…。

お土産用にとろろを使ったお菓子の販売もあります

お店情報

浅草むぎとろ 本店
東京都台東区雷門2-2-4
03-3842-1066
営業時間:
[月~金] 11:00~16:00(L.O.15:00) 17:00~22:30(L.O.21:00)
[土・日・祝] 11:00~22:30(L.O.21:00)
(バイキング実施時間はこの記事の上部に記載)
定休日:無休

浅草で一休みしたくなったら

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で