熱海、うな正。ランチに鰻の香ばしさとふっくらした身を堪能できる店

【お知らせ】【満員御礼】2018年6月3日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
過去3回とも好評をいただいたワークショップの第4回目です。ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。

結婚10周年のお祝いに、伊豆の温泉に行ってきた。
電車の時間の関係で、途中下車してお昼は熱海で食べることにした。

東京-三島間は100kmを超えるので追加料金を払わなくても途中下車可能!

 

熱海名物金目鯛も捨て難いけれど、美味しい金目鯛が食べられると噂の店は大行列。
ふと目に入ったのは鰻屋だった。
店の入り口には、現在の鰻の状況と、そのため本日は台湾産の鰻だという張り紙が貼ってある。
そこに店主の無念さと誇りが感じられ、この店主が焼く鰻を食べてみたくなった。

うな正

ドアを開けるとすぐ階段で、2階に上がると店舗がある。
鰻の香ばしい匂いが漂っている。
店はこじんまりとしていて、10名も入れるだろうか。

うな重は、並(3000円)、上(4200円)、特上(5600円)の3種類。
人間はこういう時に真ん中のランクを選びたくなると言われるが、旅の第1食目ということもあり、迷わず並にした。

ふっくらした鰻

待つことしばし。
炭に炙られた鰻の香りが強く漂い、期待を高める。

ついに登場!
蓋を開けると、立派な鰻が入っていて、並で良かったと胸をなでおろす。

 

さっそく一口。
表面はカリッと香ばしく、中はふわっとしている。
丁寧に蒸されて、丁寧に焼き上げられていることがよく分かる。

タレは控えめな味で、脇役に徹している。
おかげで鰻をしっかりと味わえる。
世の中には鰻よりもタレが目立つうな重も多く、そういうお店では鰻なしでタレだけでもいいと思うが、こちらの店はしっかりと鰻を楽しませてくれる。

肝吸いとお漬物で箸を休ませつつ、一気に完食だった。

感想

熱海駅にほど近いこちらのお店。
土曜日の12時頃に伺ったけれど、待たずに入れてありがたかった。
味もさることながら、観光客を意識していない店の作りに値段設定なのが好ましい。
店内が終日禁煙なのも、鰻の香りをお腹いっぱい吸い込みたい私にとっては有難い。

夜はご馳走だから、昼はあまりがっつり食べたくないけど美味しいものを食べて満足したい。
このニーズにぴったりのお店だった。

お店情報

うな正
静岡県熱海市田原本町6-3 2F
0557-81-4261
営業時間:11:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:不定休

いいね!をいただくと励みになります!
Facebookで更新情報をお届けします

Twitter で