蕎房猪口屋。ここのお蕎麦は茅ヶ崎で一番だと思う


結婚するまでは茅ヶ崎に住んでいた。
海と山とどちらも感じられる環境が私の故郷によく似ていて、とても好きな町だった。

今でも時々遊びに行く。
友人も住んでいるし、お気に入りの店もある。
そして、海がそこにある。

蕎房 猪口屋

この蕎麦屋は、私が茅ヶ崎を離れてからできたお店だ。
確か元は和菓子屋だったと記憶しているのだが、曖昧である。
たたずまい等がとても好きで、一目でお気に入りになった。

茅ヶ崎駅から歩くと20分程度、海…Tバーからは5分かもう少し。
便利な場所ではないが、とても人気のあるお蕎麦屋さんである。
この日は平日の昼だったが、待っている客がいるほど人気のお店だ。

週末はこの賑わい

美味しいお蕎麦

こちらのお店、メニューは豊富だ。
一品料理も充実している。
もちろん日本酒も置いてある。

しかし、しかし、平日昼間。
この後もやりたいことはいろいろある。
日本酒は我慢しよう。

けれども、白子の天ぷらという文字はどうにも抑えがたい衝動を感じる。
日本酒のない白子の天ぷらについて一瞬想いを巡らすが、ここで白子の天ぷらを選ばない損失の方が大きい。
思いきって、白子の天ざる蕎麦を選んだ。

こちらのお店の小物選びのセンスも好きだ。
この楊枝入れ、唐辛子入れ、醤油さしを見ているだけでも嬉しくなる。
ちなみにこの鈍色の醤油差しは岐阜の大江憲一さんのもの。
もし絶対液だれしない、完璧な醤油差しを探しているなら、大江憲一さんのものを選ぶと願いが叶う。

 

さて、キョロキョロしているうちに、天ぷらがやってきた。

コロリと白子が3つ。
塩と天つゆが添えられている。
他にレンコンやカボチャや山菜やキノコが添えられて、ボリューム十分。
揚がり具合が素晴らしく、衣の食感だけで幸せになれるほどだ。

 

蕎麦もやってきた。
喉越しのいい細打ちだ。
蕎麦の香りが心地いい。

蕎麦茶もとても美味しくて、ついついのんびり過ごしてしまった。

感想

こちらのお店、どうやら神楽坂の蕎楽亭の出身の方のお店らしい。
それは天ぷらも蕎麦も美味しいわけだ!

海をのんびり散歩して、美味しい蕎麦を食べる。
こういう休日をいつも過ごせたらいいのに!
やっぱり茅ヶ崎に帰りたい。

お店情報

蕎房 猪口屋
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-3-18
0467-55-9688
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、18:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:火曜、水曜(第2、第4火曜日はランチ営業あり)

いいね!をいただくと励みになります!
Facebookで更新情報をお届けします

Twitter で