都立大学、寿司・空海で、美味しい肴と日本酒をいただく


数年前には行きつけのお寿司屋さんがあったのだけれど、そこの大将が脳梗塞で倒れてからは寿司難民となっている。
ただ東京にはお寿司屋さんが多すぎて、どこに行けばいいのか迷ってしまう状態だ。
そこに、美味しいと評判を聞いていたお寿司屋さんでのオフ会の話がやってきた。
これは万難を排して行くしかない。

寿司空海

この日の会場の「空海」という寿司屋の最寄駅は都立大学駅。
完全に余談だが、東急東横線と田園都市線の区別がいつまで経っても付けられない。

店名は駄洒落のようだ

美味しい魚たち

まずは泡で乾杯。

乾杯は泡で。美味しかったのに銘柄をメモし忘れた

 

続々と料理が出てきた。

小松菜・しめじ・えのきのお浸し

 

鮮度が命ののれそれ。

アナゴの稚魚

 

ほたてと磯粒貝。

つぶ貝がスルリと抜けると達成感がある

 

前日まで体調不良で臥せっていたこともあり、お酒は飲まないでおこうと決めていた。
でも、而今が出てきたら、しかも無濾過などと言われたら、飲まずにはいられない。

雄町無濾過生、とのこと

 

ぶりのお造り

添えられたあおさも激ウマ

 

春の味、ホタルイカ。

定番の酢味噌和えが一番好き

 

ここで更に違う而今が出てきた。
これをどうやって我慢すればいいのだろう。

山形の酒未来を使った無濾過の純米吟醸

 

かに味噌と蟹のサラダ。

トマトもカニ味噌に負けないはっきりとした味だった

 

ミズタコをゴマとゴマ油と塩で味付けた韓国流カルパッチョとでも言いたくなる味。
どうして私はこの組み合わせを今まで試したことがなかったのだろう?もちろんとてもとても美味しかった。

この食べ方は他の魚介でもやってみたい

 

生牡蠣。
食べ応えのある大きさと溢れる潮の香りで幸せになれる。

陸前高田産

 

お造り盛り合わせ。

美味しいエンガワは本当に美味しい

 

牛肉とウニ。

本当はウニと肉は別々に食べたい派

 

空海名物痛風蒸し。

ウニといくらのパラダイス

 

お寿司。
実は日本酒がすっかり回ってしまって、この頃には眠ってしまっていて、お寿司は一貫しか食べられず。
何しにお寿司屋さんに来たのだか。。
プラス、このほかにウニの握りもあったのだが、そちらも手を出すことができなかった。

カツオを食べた。美味しかった

 

お椀もあったはずだけど、写真すら撮れていないぞ!

感想

この日は、私がブログを書くにあたってお世話になっている立花岳志さん(空海にオープン時から通っている常連さん)のオフ会だったので、お値段高めでいいネタ満載というコンセプトでのコースだった。
それでもこの内容で15000円(お酒代込)。
ちっとも高いとは感じない。

普段はもっとお手頃な価格と聞いて、普段の空海にも行ってみたくなった。

お店情報

空海
東京都目黒区中根2丁目13-20 レオナ都立大2F
03-3725-5278
営業時間 :17:30-22:00
定休日:水曜日

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で