マリスケリアソル。魚介好きにオススメのスペイン料理屋さん!


スペインを愛して止まない友人(と呼ばせていただいていいのか恐縮するほど素敵な方)に、オススメのスペイン料理のお店を教えてもらった。
恥ずかしながら不勉強で、スペイン料理というとパエリアくらいしか思い浮かばない。
何が食べられるのか、とても楽しみだ!

友人のサイト

マリスケリア ソル

そういう訳で、降り立った六本木。
首都高速の下の道沿いにそのお店はあった。
店名のマリスケリアとは、魚介専門店という意味だそうだ。
魚好きとしてはたまらない!

見た目も味も素敵なお料理

メニューの注文は友人にお任せ。

20時まではハッピーアワー!
390円のカヴァからスタート。
余談だが、これまでカヴァを飲んでこの味苦手と思ったことはない。もちろんこれも美味しい。

まず一皿目。
見た途端に声が出る。「おおお!」
まさかの海に来たかのようなビジュアル。
パリパリとしたサワガニは、ストレスなく食べきれる。

 

鯵とアーティチョークのモホベルデ。
パクチーと鯵がよく合う!
鯵がとろりとして美味しい!

 

桃と水茄子とクルミのサラダ。
水茄子から甘みを感じる。新鮮さを保っている味だ。
温められたクルミが香ばしいいい香りをさせている。

 

蟹のクレープ包み。
細長いクレープ生地の中には、カニクリームコロッケのフィリングが包まれている。
優しい味でほっとする。

鱧入りの卵。
口に入れた瞬間は普通のスクランブルエッグなのだが、食べ終わったあとに鱧の香りが鼻を抜ける。

 

マグロの頬肉を詰めた花ズッキーニ。アリオソースとレモン添え。
マグロの頬肉はひき肉っぽい食感だ。
コクがあり、食べ応えがある。
ルッコラの苦味が、いいアクセントだ。

 

ここまででだいぶお腹はいっぱいになった。
締めはやはりパエリアだろう。
出来上がりまでに時間がかかるというので、おつまみに生ハムの盛り合わせをお願いした。

 

ワインはリーデルのグラスで提供される。

 

そしてパエリア!
いろいろな種類のパエリアがあったが、オーソドックスなものをお願いした。

取り分けていただく。
魚介がたっぷり!
これだけエビや貝が入っているのだ、出汁がたっぷり米に染み込んで、美味しいことこの上ない。

マグロの頬肉の時に出て来たアリオソースをパエリアにもつける。
ニンニク、卵黄、オリーブオイル、レモン汁、塩、コショウでできた、マヨネーズ状のソースだ。
パエリアにもよく合う!

 

すっかりスペイン料理の幅広さを堪能した。

感想

スペイン料理、美味しい!
特にこちらのお店のお料理は、魚介がふんだんに使われているので、旨味をしっかりと感じることができる。
一人一人に小分けしてサーブしてくれるのも嬉しかった。
ワインについても、いろいろ相談できそうなので、詳しくない私でも美味しいワインにありつけそうで嬉しくなる。

お店情報

マリスケリア ソル
東京都港区六本木2-3-6 セントラルクリブ 1F
03-6277-7364
営業時間:
ランチタイム 〔月~金〕 11:30~14:00(LO13:30)
ディナー 〔月~土〕18:00~23:30(LO22:30)
※金曜、祝前日は翌2:00まで営業。(LO翌1:00)
定休日:日曜・祝日 (GW・お盆・年末年始は要確認)

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で