「強みコンサルタント」として、誰もが自分の人生を歩めるようお手伝いをいたします


強みコンサルタント

私がやっているセッションや、私自身について、一言で説明できる言葉が欲しくなりました。
さて、私は何者なのだろう?
3日ほど考えました。

今後は「強みコンサルタント」を肩書といたします!

強みコンサルティング

私が持っている資格は「Gallup認定ストレングスコーチ」ですが、コーチではなくコンサルタントを名乗ろうと考えた理由は、私のセッションに下記の特徴があるからです。

特徴1・答えは強みの中にある

コーチングでは「答えはクライアントの中にある」と言われます。
私のセッションは「答えは強みの中にある」という考え方が前提になります。
両者はクライアントの力を信じるという点は同じですが、答えを探る際にまず強みを浮き上がらせることが違いです。

自身の強みは、自分では気づいていないことが多く、自分の欠点だと考えていることもあります。
独自の強みであるのに、誰でもが持っている能力と勘違いしていることもあります。

私のセッションは、ヒアリングによってご自身が持つ独自の強みを明確にすることから始まります。
強みが明確になると、その強みをどう活かせばいいのか、自然と進む方向が見えてくるのです。

特徴2・やりたいことは分からなくていい

私のセッションを受けてくださる方の半数は「やりたいことが何かわからないのです」という方です。

実は、やりたいことの答えも、強みの中にあります。
自分がやりたいことは、強みが既に知っているのです。

強みが明確になると、「やりたいことが何かわからないのです」と言っていたクライアントさんから「それ、ずっと前からやりたいと思っていたことです!」という発言が飛び出すことも少なくありません。

特徴3・自走できる人にも向いている

全ての答えは強みの中にあるので、強みが明確になるだけで、疑問が解決し次の行動計画が明確になることも多くあります。

コーチングはセッションを複数回重ねることで結果が出ます。
目標達成のための心強い伴走者です。

それに対し、私のセッションは迷ったときや行き詰ったときの現状把握に使える1回完結タイプなので、次の行動計画が明確になれば自走したいタイプの人にも向いています。

自走したい人も、伴走があった方が結果を出せる人も、自分の強みの中にある行動指針を知るためにご利用いただけます。

強みを活かすことで人生が開ける

一人一人違う、自分の強み。
人間は、どうして一人一人違う強みを持って生まれたのでしょうか。

自分の人生を歩むためには、自分の強みを活かすことが不可欠です。
自分の強みを思う存分発揮することこそ、自分自身が生きる道です。

自分の強みを発見することと、活かし方を知ること。
自分の人生を歩むのに必要な「自分の強み」について、しっかりサポートいたします。

個別セッションの詳細はこちら

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で