2.いただきもの買ったもの 美味しいもの

期間限定、パティスリーブルボン@東京駅 ルマンドファン必見の限定品ショップ

2017/10/13

LINEで送る
Pocket

東京駅の八重洲中央の地下改札口を出たところ、目の前に見たことのないお店ができていた。
よく見ると、「ブルボン」と書いてある。
ルマンド、ルーベラ、チョコリエール、バームロールなど、魅力的なお菓子をいろいろ出しているあのブルボンだ!
ちなみに私はルマンドとホワイトロリータの2つが大好物だ。
これは寄らないわけにはいかない。
ブルボン外観

パティスリーブルボン

このパティスリーブルボンは、2016年11月16日〜2017年1月10日までの期間限定ショップだそうだ。

「ルマンド」と新商品の「ラングレイス」がメインの品揃えであるが、スーパーで100円特売で売っているものとはまるで違う、高級そうなパッケージが並んでいる。

新商品のラングレイスにも惹かれたが、まずは大好きなルマンドをと思い、ルマンドのアソートボックスを手に入れた。
アソートボックスは「ココア・キャラメル・ビター」と「ココア・ホワイト・ビター」の2種類がある。
どちらにも入っているココアはいつもの馴染みのルマンド、ビターは女優の桐谷美玲さんがセレクトしたオリジナル商品らしい。
ホワイトとキャラメルを比較して、キャラメルに興味があったので、「ココア・キャラメル・ビター」を選んだ。

アソートボックス

開封〜食べる

帰宅して、早速開封。
3種類の味が9本ずつ入っていた。計27本入だ。
箱の中身

上からビター、キャラメル、ココア

上からビター、キャラメル、ココア

早速食べる。
ココアは食べ慣れた幸せの味。
これについては特筆することはないだろう。

ビターはギリギリまで甘さを抑えてある。
ウィスキーのつまみにもなるかもしれない。

キャラメルは、キャラメルというよりバタースコッチのような香り。
焦がしバターの香りが好きな人は、やみつきになるに違いない。

感想

どれが好きかと聞かれたら、食べ慣れた味が一番ほっとする、という感想だが、他の2種類も負けずと美味しい。
何より、あのルマンドが周囲のチョコの味によってここまで印象が変わることに驚いた。

27本入700円(税抜)は、スーパーのあのルマンドを買い慣れている身には勇気のいる値段だが、誰かへのお土産にすると、国民的お菓子のルマンドがこんな風に変化するという話題作りとして盛り上がるだろう。

それ以外のラインナップは、ブルボンの公式サイトにあるので、ぜひ。


お店情報

パティスリーブルボン
東京駅一番街 地下1階 東京おかしランド
定休日:期間内無休
営業時間: 9:00~21:00

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-2.いただきもの買ったもの, 美味しいもの
-