【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月18日現在、お申し込みは11名となっております。(定員20名)

そのほか諸々 その他

本物に触れる経験〜北島三郎、チケット購入編

2017/05/31

LINEで送る
Pocket

「本物」と言われる人

「本物」と言われる人がいる。
もしその人がまだ生きている人ならば、同時代に生まれた偶然をありがたく享受したい。

私が生まれた1974年は、長嶋茂雄が引退した年だ。
タッチの差で長嶋茂雄のプレーを見ることはできなかった。
長嶋茂雄の逸話を聞くたびに、そのことを悔しく思う。

その思いが、「本物」と同時代に生きている偶然を、喜びに変えたいと願う原動力になっている。

広告

北島三郎

新宿コマ閉館

2008年の5月末、一つのニュースが話題になった。
その年の末日をもって、新宿コマ劇場が閉館するというニュースだった。
名前はよく聞くのに、一度も中に入ったことはない劇場だった。
せっかくだから、行っておきたいと考えた。

新宿コマで「本物」といえば、誰だろう。
最初に頭に浮かんだのは、さぶちゃんこと北島三郎だった。

さっそく「北島三郎」で検索したら、その年の9月の新宿コマ公演を発見。
公演は2部構成で、第一部はお芝居「国定忠治」。第二部は「北島三郎大いに唄う」。
いかにも、という期待が持てる内容だ。
やはり、トリには「祭り」を聞きたい!
 

チケット購入

北島三郎の公演は、チケットが入手困難だと言われている。
せめて競争率の低い日程を選びたい。
しかし公演日程を見たら、平日は17時スタート一回のみという、勤め人のことは全く考慮されていない時間設定だった。
行ける日程は休日に限られる。
真剣にチケット争奪戦に挑まなければならない。

チケット販売開始日。
チケットぴあのサイトにアクセスし、受話器を耳に当て、その時を待つ。
電話は「117」に繋がっている。

「午前10時ちょうどをお知らせします。プ・プ・プ・ポーン。」

えい!Enterキーを押す!
つながった!
よっしゃ!買えた!

チケットぴあのサイトが繋がりにくくなることはなく、あっさりと買えた。
案外簡単に取れるんだな、と思いながら、もう一度チケットぴあにアクセスしたら、すでに全日程売り切れていた。
どうやら、2008年当時、北島三郎の公演のチケットをインターネット経由で買う人はほとんどいなかったらしい。
電話と窓口と旅行会社で、チケットは瞬殺だった。
恐るべし、さぶちゃん!!!
 
実はこのチケットの発売日も平日であり、全くサラリーマンを考慮していないことがわかる。
この公演の日程とこのチケットの発売日で即完売になるとは、いったいどういう客層なのだろう。
いろいろな意味でドキドキしつつ、9月の公演当日を待つのだった。

(公演編に続く)

公演編

私が見た公演がDVD化されていました!

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-そのほか諸々, その他
-