働くこと

転職後3ヶ月で会社を辞めたくなる理由「こんなはずじゃなかったのに」

LINEで送る
Pocket

転職後3ヶ月の罠

こんなはずじゃなかったのに

転職後3ヶ月。
会社を辞めたいと考えている人も多いのではないだろうか。
私自身もそうで、不思議なことに、何回転職しても2ヶ月から3ヶ月経過のあたりで会社を辞めたくなる。

転職後3ヶ月で会社を辞めたい人に理由を聞くと、こういった答えが返ってくる。
この仕事は向いてない。
この会社は自分に合わない。
何度もミスをしてしまう。
仕事が覚えられない。

転職直後は右も左も分からなくて当たり前だし、周囲もそういう風に扱ってくれる。
転職後1ヶ月間は覚えることがたくさんあって、余裕が持てない状況だ。
それが転職後2ヶ月ほど経つと、考えるようになる。
「あれ?こんなはずじゃなかったのに。。」

広告

会社を辞めたくなる理由

「こんな仕事のはずじゃなかった」「こんな会社のはずじゃなかった」「こんなミスするはずじゃなかった」
思いはそれぞれでも、そう考えるようになった理由は一緒だ。

仕事に慣れて余裕が出てきたのだ。
余裕が出て周囲を見渡せるようになるときに出てくる思いが、「こんなはずじゃなかった」なのだ。

転職後2ヶ月も経つと、自分が担当する仕事の全容は表面だけでも一通り見ているだろう。
しかし、まだ会社全体の仕事は見えていないため、本当に全容を知ることができたのかの自信が持てないだろう。

仕事上の関係者の名前はほぼ把握していても、その人たちとの関係の機微をまだ深く知っているわけではないだろう。

その仕事に必要な知識は、まだまだ先輩には敵わないだろう。
同業種への転職で最初からその仕事の知識を持っていたとしても、その会社独自の知恵に良くも悪くも驚かされているだろう。

おぼろげに全体が見えてきてはいるが、まだ足りないものが多々あるという状態が、転職後2ヶ月〜3ヶ月目の状況なのだ。

そしてこの頃には、周囲は新人扱いをしなくなる。
一人前として扱われるのに、自分には足りないものがたくさんある。
これが自信のなさに繋がり、「こんなはずじゃなかった」という思いを生む。

その思いは、新しい仕事に慣れてきた証拠だ。
 

そのままで、大丈夫

もし周囲の期待に応えられていないと不安になっているならば、それは自己評価に自分が追いついていないだけで、周囲はそこまで気にしていない。
入社時に「期待しているよ」と言われると、その期待に応えなければと必死になってしまう。
しかし、採用する方は口では期待するといってもリップサービスが大いに含まれていて、内心はそこまで大きな期待を寄せていないものだ。

だから、もし転職後3ヶ月くらいで会社を辞めたくなったなら、会社に慣れてきたのだと喜ぼう。
誰もが通る道だから、安心して問題ない。
これまでしてきたとおり、目の前の仕事に取り組んで、ミスしたら謝りリカバリーすることを繰り返していれば、足りない部分が埋まり、いつの間にか消え去る感情である。

「こんなはずじゃなかったのに」は、その会社の戦力になる一歩手前で感じる感情なのだから、自信を持って前に進もう。
 

念のため

もし失敗したときは、その後の対応に全力を注げば問題ない。

もし感じている「こんなはずじゃなかったのに」がこういうことであるならば、大至急で逃げ出そう!


 

広告

関連コンテンツ

-働くこと