1.飲食したお店 美味しいもの

銀座さいしょ「うにく」も付いたウニ祭りはウニ畑!

2017/08/29

LINEで送る
Pocket

銀座でウニ祭り!

もしウニが好きなら、一度は願ったことがあるだろう。

ウニを、たらふく食べてみたい!

その願いが叶う店が銀座にある。
 

寿司さいしょ

寿司さいしょ。
銀座7丁目の雑居ビルの3階にある。
ビル入り口には看板などは出ていない、知る人ぞ知る雰囲気を漂わす店だ。
(ちなみに「さいしょ」とは初めの一歩の最初ではなく、店主の税所さんの名前だ)

こちらで不定期にウニ祭りが開催される。
ウニがたらふく食べられる上に、看板料理の「うにく」も付いてくるという魅惑のメニューが好評で、予約開始から1分も経たずに満席になるほどの人気のコースである。

今回、偶然にも、この秒殺コースの予約が取れたので、大喜びで行ってきた。
 

ウニ祭りスタート!

ウニ祭りは、開始時間が決まっており、客全員が同じコースを食べるという一体感のある構成となっている。

まず、旬のお造り。
厚岸のイワシ、カンパチ、久慈のタコ。

ところで、刺身は新鮮さが命と思っていないだろうか。
魚も肉と同じで、〆めた直後は筋肉が硬直し旨味が回らない。
もちろん青身の魚など足が速いものは新鮮であることが重要だが、全ての魚が獲れたてが一番美味しい訳ではない。
こちらのカンパチはそこが計算されていて、絶妙の歯ごたえと旨味が楽しめた。

合わせた日本酒は秋田の刈穂。
店主の税所さんが秋田出身で、秋田の日本酒を中心に揃えている。

そしてウニの足音が聞こえてくる。

11人分のウニの軍艦が完成!

ウニ御一同様と、やりきった税所さん

見よ、このウニの艶めきを。

1人前、10貫。
写真では分かりにくいが、8貫がムラサキウニで、2貫がバフンウニだ。
醤油は関東の醤油と鹿児島の醤油が用意されており、好みで楽しめる。

ウニで口内が滑らかになったあとは、季節の握りを3貫。
まずは真鯛と甘エビ。

そして小柱。

ここで追いウニ、ウニ3貫が追加され、そして、お待ちかねの「うにく」の出番だ。
ウニと肉の組み合わせは最近よく見かけるようになったが、「うにく」という言葉はこの寿司さいしょさんの登録商標である。

仕上がりを待つうにく達

火あぶりの刑に処せられるうにく達

寿司さいしょのうにくは、ここからもう一手間、トリュフオイルとトリュフ塩が掛けられてから供される。
これが、その、うにくだ。

うにく!

実は、私は、ウニと肉の組み合わせが、そこまで合うとは思っていない。
しかし、この寿司さいしょのうにくは、トリュフオイルとトリュフ塩を使うことでウニの存在感を消し、ソースの役割に徹底させることに成功していた。
肉の握りも合うとは思っていないのだが、肉はとろけるような熟成肉を使い、シャリにはウニのソースを絡めてまとめることで、肉とシャリとの食感の差が調整されていて、一体感が出ていた。
生まれて初めて、ウニと肉の組み合わせを美味しいと思った。

こうして、この夜の宴は終了したのであった。

ウニ祭り、予約方法

ウニ祭りは、寿司さいしょのFacebookページで告知と予約の受付をする。
いつ開催になるかはウニの仕入れ状況次第なので、税所さん自身もその時にならないと分からないらしい。
日程の告知をした数時間後〜翌日に同じFacebookページ上で予約開始となるため、ウニ祭りに参加したいのであれば、ページに「いいね!」をしてチェックをするしかないだろう。

なお、ウニ祭りはドリンク飲み放題込みで、1人前13000円(税込)。
ドリンクはビール、日本酒、ワイン、ウィスキー、サワー等、一通り揃っている。
 

お店情報

寿司さいしょ
東京都中央区銀座7-6-6 メトロビル 3F
03-6858-0173
営業時間:18:00~24:00
定休日:土曜、日曜

いいね!をいただくと励みになります!
Facebookで更新情報をお届けします

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-1.飲食したお店, 美味しいもの
-,