1.飲食したお店 旅行記 美味しいもの

ケミチプ。釜山の郷土料理、ナッチポックンが気軽に食べられるお店

2017/09/18

LINEで送る
Pocket

ナッチポックン

釜山の郷土料理、ナッチポックン。
ソウルでも同じ名前の料理は食べられるが、釜山のナッチポックンとは全然別物だ。
ソウルのナッチポックンは、タコと唐辛子を炒めた激辛料理であるが、釜山のナッチポックンはタコ鍋である。

この釜山式ナッチポックンは、釜山以外の場所ではなかなか食べられない。
そういうわけで、釜山にきたら、必ず食べている。
 

ケミチプ

釜山にはナッチポックンの有名店がいくつかあるが、今回の釜山旅行では「ケミチプ」の西面店を訪ねた。
こちらのお店は24時間営業なので、野球観戦後でもナッチポックンが味わえるのだ。

西面駅から歩いて5分。
繁華街の終わりかけのところに店舗がある。

 

いざ、ナッチポックン

ナッチポックン専門店だけあって、メニューはシンプルだ。
タコのみのナッチポックン(7000W)、タコとエビ(9000W)、タコとホルモン(10000W)、タコとエビとホルモン(10000W)の4種類である。
メニューには日本語の表記もあるため、頼みやすい。
今回は、タコとエビとホルモンの3種類のナッコッセポックンを頼んだ。

韓国で食事をすると、小鉢がずらりと並ぶのが嬉しい。

オタマで隠れているのはチヂミ

ほどなく鍋が登場。

タコ、エビ、ホルモンがたっぷり入っている

調理はお店の人がやってくれるので、

沸騰したらかき混ぜる

我々はキムチをつまみにビールを飲みながら、ただ待っていればいい。

韓国ビール。薄いと言うべきか飲みやすいと言うべきか

いざ完成!
見た目は辛そうに見えるが、実際はあまり辛くなく、出汁の味わい深さがきちんと味わえる。

オススメの食べ方は、ご飯に乗せて混ぜながら食べること。
最初は少しずつ乗せて、辛さを見ながら食べると良い。
忘れてはいけないのが、海苔を入れること!
フレーク状の海苔がとてもよく合うのだ。

忘れてはいけないのが、〆の炭水化物。
ご飯を入れて焼き飯風にするのもよし、うどんもよし、トックもよし。
今回はラーメンをお願いした。

韓国で鍋のラーメンといえばインスタント麺である

〆用に、鍋を食べ尽くさないで、少し残しておくのを忘れずに!
日本の鍋は具を食べきってから、〆を入れるが、このナッチポックン類は具とご飯や麺を絡み合わせて食べるのが美味しい。

感想

この西面のケミチプは深夜も早朝もお客さんがそこそこ入っており、地元の人も夜遊びついでに食べているようだ。
お会計は、2人で25500W(約2550円)。
1人1000円と少しでお腹いっぱい食べられるのがありがたい。

辛さに強い私は、全く辛いと感じなかった。
辛いのが若干苦手な夫は、最初の一口は辛かったようだが、ご飯と混ぜて食べているうちに口が慣れたのか平気になっていた。

タコの旨みが余さず楽しめるナッチポックンは私の大好物!
東京で、このナッチポックンが食べられるお店を探しているのだが、全く見つからない。
知っている人がいたら、どうか教えて欲しい。。

お店情報

ケミチプ(ケミチッ)西面店
年中無休・24時間営業

値段等の情報は古いが、「基本情報」内にある「行き方」が分かりやすいサイト↓

この1泊2日の釜山旅行の全貌はこちら↓

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-1.飲食したお店, 旅行記, 美味しいもの
-