【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月22日現在、お申し込みは12名となっております。(定員20名)

1.飲食したお店 美味しいもの

にっぽんのひとさらで発酵料理の奥深さを知る 有楽町

LINEで送る
Pocket

発酵料理のお店が新しくオープンしたと聞いた。
発酵料理と聞いてもいまいちピンとこないが、味噌も醤油も納豆も好きなので、きっと美味しく食べられるに違いない。
有楽町から皇居に向かってテクテクと歩く。
 

にっぽんのひとさら

お店は、オフィスビルの地下飲食街にあった。
オフィスビルの地下飲食街という立地とはいえ、しっとりしたいい雰囲気の外観である。

せっかくだから発酵料理を満喫しようと「発酵食堪能コース」(6000円)を選ぶ。
飲み放題(2000円)もつけてもらった。
 

発酵料理のポテンシャル

まず目を引いたのが、この道具。
醤油を搾る道具だそうだ。

もろみを入れて、漉すように搾ると、醤油がポタポタと落ちてくる。
この生揚醤油は火入れをしないため、もろみ特有の香りや風味をたっぷりと味わえる。

搾りたての醤油と、醤油を搾った後のもろみと、きゅうりと大根。

このもろみがみずみずしい野菜とよく合う。
冷奴には醤油。白和えも美味しい。

次に、美しいお皿がやってきた。
イカの小鉢、モロヘイヤのおひたし、マグロ、素焼きのお野菜。
これらにも醤油やもろみを載せていただく。

ドレッシングの色にびっくりしたサラダ。
このドレッシングは、紫玉ねぎと紫キャベツを発酵して作っているらしい。

お刺身は、シマ鯵、マグロ、イサキ、白いか、ウニ。

カンパチのカマ焼き。塩麹で焼いてあるのでふっくらしている。
添えてあるキャベツ醬というものもとても美味しかった。

次は、肉料理。
和牛の発酵タルタルステーキには、三つ葉とらっきょうと麹でできたソースが掛かっている。

鳥の唐揚げは、麹で4日間漬けたもので、驚くほど柔らかかった。

見た目もかわいい鯛茶漬け。
鯛の最中の後ろには鯛のお刺身とご飯が隠れている。

出汁をたっぷり掛けていただく。

デザートは、ブラマンジェ。ミックスベリーの甘酒が載っていてきれいな色合い。

品数がたっぷりで満足度の高いコースだった。
 

感想

発酵食品といったら、くさやまでは行かなくても、納豆のようにニオイやクセが強い料理が出てくるのかと思いきや、まろやかで美味しい食べやすい料理ばかりで驚いた。
発酵食といえば見た目も醤油や味噌のように茶色いイメージだったのだが、完全に誤解だった。
紫キャベツやミックスベリーの色を活かした美しい料理が満載で、目にも舌にも美味しい料理だった。

お店情報

にっぽんのひとさら
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F
050-5593-7426
営業時間:
【月~金】11:30~13:30(L.O.13:00)、17:30~22:30(L.O. お料理 21:30 ドリンク 22:00)
【土】17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:日曜祭日

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-1.飲食したお店, 美味しいもの
-