ささらいの丹波路プリンは丹波篠山のお土産にぴったり


兵庫県篠山市に「ささらい」という店がある。
地元丹波篠山の有機野菜を使った料理を、築150年の庄屋敷でいただけるお店だ。

和食のコース仕立てなのだが、洋食にも使われる技法を用いた皿もあり、野菜の美味しさをあらゆる方法で引き出している。
東京から気軽に行ける距離ではないので一度しか行けていないが、その一回ですっかりファンになった。

ささらいの丹波路プリン

先日、篠山に住む友人に、このささらいで作られている「丹波路プリン」をいただいた。
兵庫県の芦屋に、ささらいの姉妹店のプリンだけを扱う店があるのだが、「丹波路プリン」は篠山のお店でしか手に入らないらしい。
そんな貴重なものを送ってくれるなんて、とても嬉しい!

三種類の丹波路プリン

丹波路プリンは三種類ある。
黒豆、白小豆、カスタードである。

黒豆

丹波篠山といえば黒豆が思い浮かぶ。
大きくてツヤツヤとした黒豆が有名だ。
しかし、黒豆のプリンとなると、味が想像つかない。

黒豆プリン

 

よく見ると、三層に分かれている。

黒・白・黄色の三層だ

 

開けてみると、いきなり黒豆とご対面!

ツヤツヤの黒豆

 

黒い層はゼリー、白い層は固めのプリン、黄色い層はトロトロの柔らかプリンだった。

黒豆を口に入れてみると、ほっこりと柔らかく炊き上げられていた。
これは、お正月によく食べる、あの黒豆だ!
御節を思わせる和の味だが、驚くことに、洋のカスタードの風味とマッチしている。
黒豆層をゼリーにしたことで、甘すぎずに美味しい。
これがゼリーでなければ、重くなってカスタードとの相性が難しかっただろう。

白小豆

次に白小豆。

白・黄・白餡色の三層だ

開けると、白い固めのプリン層が登場。

底には固めに炊かれた白小豆がぎっしり。

白小豆はすっきりとした甘さで、こちらもカスタードと相性がいい。
カスタード部分はかなりトロトロで柔らかく、白小豆との食感の違いも面白い。

カスタード

そしてカスタード。
カスタードには、きな粉とカラメルソースが添付されている。

 

きな粉をかける。

 

カラメルソースもかける。

このきな粉は、丹波の黒豆で作られていて、とても香ばしい。
カラメルソース無しで、黒豆の香りを堪能しながら食べるのが私は気に入ったが、カラメルソースを掛けるとカスタードの卵の香りが弱まってシンプルな味わいになるので、これは好き好きだと思う。

感想

どれも美味しかったが、ほっこりと炊き上げられた黒豆の美味しさに特に感動した。
正月の御節用にこの黒豆プリンを用意したいほどだ。

使っている原材料も厳選されている。
卵や牛乳だけではなく、砂糖もオーガニックシュガーを使うほどの拘りようだ。
もちろん添加物等は一切使われていないので安心だ。

もしいつかまた篠山に行くことができたら、このプリンをお土産にしたい。

お店情報

ささらい
兵庫県篠山市日置397
079-556-3444

参考

ささらい - 篠山市その他/野菜料理食べログ

いいね!をいただくと励みになります!
Facebookで更新情報をお届けします

Twitter で