MENU
しずかみちこ
Gallup認定ストレングスコーチ
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)の専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出すためのコーチングと研修をしています。

リクルートスタッフィングで経理したり、レアジョブの管理部門立ち上げたり、ブラック企業に入ったり、上司の横領見つけて辞めさせられたり、人の会社2つ作ったりと波乱万丈な職歴の後、独立して今に至ります。

投資と経理スキルでお金をデザインし、ストレングスファインダーで強みを活かしたら、人生が楽しくなりました。

趣味は野球観戦と美味しいものを食べること

収集心・最上志向・戦略性・未来志向・分析思考
ストレングスファインダーのnote

ストレングスファインダーの個別セッション、受付中です 詳しくはこちら

春はすぐ隣に。メレンゲ『君に春を思う』

この1ヶ月、あれやこれやといろいろなことが重なり、とても慌ただしかった。
ようやく一息ついて顔を上げると、空気に春が混ざり始めていた。

この季節になると聴きたくなる曲がある。
メレンゲの『君に春を思う』という歌だ。

公式動画をどうぞ

 

この歌を初めて聴いたのは2005年の夏のノースウェスト機の中だった。
クボケンジの微かにかすれた優しい声とあたたかい歌詞に心を奪われた。
この曲が含まれるアルバム『星の出来事』が発売になったのはそれから随分後の2006年の春で、待ち焦がれすぎて会社の昼休みにCDショップに走ったのを覚えている。
 

この1ヶ月、慌ただしすぎて心が凝り固まっていたようだ。
「のんびりしたいな」と言ったら「しようよ」と言われたので、美味しいお酒に身を任せてぼんやりとくつろいでみた。
肩の力が抜けて自然に笑顔になるのがわかった。
そんな私を見ていた人も、私に向かってふわりと笑った。

硬い花の蕾がほどける瞬間、そこに春がやってくる。
硬直した心がやわらかくほどける瞬間だって、それはもう、紛れもなく春なのだ。

私がただがむしゃらに日常をこなしている間、新しい季節は、私が顔を上げるのを待っていたのだった。
 

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
¥67 (2021/07/23 23:46:37時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
[center] [/center]
目次
閉じる