投資家内藤忍さんのイベント、「お寿司とワインのマリアージュ」@SHINOBY’S BAR 銀座


投資家の内藤忍さんは、ご自身の美味しいもの好きが高じたのか、銀座で飲食店の経営を行なっている。
SHINOBY’S BARという名のそのお店には、夜な夜な投資好きと美味しいもの好きが集まるらしい。
店はひっそりと目立たないが、GINZA SIXのほど近くで立地はいい。

SHINOBY’S BAR

そのSHINOBY’S BARで月に一度のペースで開催される「お寿司とワインのマリアージュ」という会に行って来た。
久兵衛で修行し、現在は独立し下丸子にて寿司店を営む寿司職人さんを招いて、ワインを飲みつつ(内藤さんはワインも好きだ)、お寿司を食べる会らしい。

「お寿司とワインのマリアージュ」

モエ・エ・シャンドンのウェルカムシャンパンをいただきつつ、この日の宴が始まった。

 

まずは大トロ。
脂っぽいのは苦手だが、こちらのトロはくどくない。

 

SHINOBY’S BARからの一皿、冷製コーンスープ。ガラムマサラのせ。
ココナッツみたいな後味を感じる。

 

次に中トロ。
こちらも美味しい。

 

真鯛の湯引き。

 

しまあじ。

 

ボタン海老は写真を撮り忘れ。

真鯵は内側にネギが仕込まれている。

 

キスの昆布締め

 

SHINOBY’S BARの一皿。
アボカドのムースとフルーツトマトのジュレ。

 

北寄貝とホタテ。貝の共演。


 

ここでワインをおかわり。(別料金)
ブルゴーニュ・アリゴテというフランスの樹齢70年の古木から採れたぶどうをつかったワインを選んだ。
力強い白ワインだ。

 

塩すだちで食べるヤリイカも写真の撮り忘れ。

ウニ。

 

SHINOBY’S BARの一皿。
ブラックアンガス牛の肩ロース、オーブン焼き。

 

アナゴ。

 

そして、中落ちの飛潮あえの手巻きでコースは終了。

 

盛りだくさんのコースだった。

感想

銀座で、このお寿司+シャンパンを1万円でいただけるのは、お得だと思う。
でもきっと、お店でいただいたらもっと美味しいのだろうなと、寿司職人佐藤さんのお店に行きたくなった。

寿司職人佐藤さんのお店はここ

 

ちなみにこの日は、内藤さんは体調不良でいらっしゃらず。
内藤さんとお話ししたかったので、ちょっと残念。
でも、体調不良ではなくても、冒頭に顔を出すだけのときもあるらしい。
この「お寿司とワインのマリアージュ」の会は、内藤さん主催のイベントといっても内藤さんは表には出ないものなののようだ。

とはいえ、このイベントを知る人は、内藤忍さんのメルマガやセミナーを受けている人たちなので、投資に関心のある、向上心のある方達だ。
興味関心が同じなので、話していて楽しい。
参加者同士で積極的に仲良くなるつもりで出かけた方が楽しめるイベントなのだ!

お店情報

SHINOBY’S BAR 銀座
東京都中央区銀座 5-10-10 6F
03-6280-6757
営業時間:17:00~23:00
定休日:土日祝

※イベント情報は、内藤忍さんのメルマガ会員になると手に入る

ストレングスコーチになるまでの試行錯誤と
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で