鶯谷の七麺鳥。麺も汁も肉も卵も美味しいラーメン屋!


普段なかなか行かないところに行ったなら、そこの名物を何か食べたいと思うのは、食い意地が張っているからだろうか。
鶯谷に行くことになったので、そこの名物を調べて見た。
気になる喫茶店は、営業時間に合わなくて断念。
次に見つけたのはラーメン屋さんだった。

中華そば七麺鳥

ラーメンは好きだが、久留米に住んで、ラーメンを食べ歩いていた過去があるせいか、好みはわりとはっきりしている。
美味しくないラーメンを食べた時のガッカリ感は半端ない。
期待と不安を胸に秘め、鶯谷駅からてくてくと5分ほど歩き、店に到着した。

ラーメン屋とは気づかないスタイリッシュな外装

醤油ラーメン

こちらのお店、醤油、塩、味噌と揃っているが、この写真を見て、醤油がオススメなのかと思い、醤油にした。
また、味玉という言葉は、見逃せない言葉の一つだ。
もちろん載せる。

醤油の説明が一番長い

 

さて、到着。

チャーシューが、チャーシューじゃない

 

細いストレート麺は硬めだ。
浅草の開花楼のばんじゅうが置いてある。

スープは醤油が香り高い。
スープを口に含むだけで幸せになれる。

ピンク胡椒が一粒

 

鶏ハムにはうっすら柚子胡椒が塗ってある。
柚子の香りとほのかな辛さがいいアクセントだ。

色がきれいなチャーシューにピンクペッパーが合う。
なぜ一粒だけなのだ。
この物足りなさが後を引く。

鶏ハムもチャーシューも、肉らしさを残していて食べ応えがある。

味玉は、黄身がところどころ固まっているけど絶妙のねっとりさを残している。

卵も美味しい

 

卵が美味しかったので、更なる欲望を抑えられなくなった。
それは、卵かけご飯だ。

追加注文しちゃった

ご飯にはカツオ粉とネギが載っている。

カツオがいい仕事をする

 

カツオ粉の香りがいい。
カツオ粉の甘みが卵を引き立てている。

卵を入れたところ

 

この卵かけご飯に、ラーメンの残り汁を入れて食べても美味しかった。

感想

両親が福岡出身の影響で、「豚骨以外はラーメンに非らず」という精神のもと育てられた。
そのせいで、いまだに醤油ラーメンを食べるときには、背徳的な喜びがある。

ここのラーメンはその背徳的な喜びを、鶏ハムや新食感のチャーシューといった新しい風で更に舞い上がらせてくれた。
とても美味しかった!

お店情報

中華そば 七麺鳥
東京都台東区根岸2-18-23
03-3875-2014
営業時間:
【月〜金】11:00〜14:30、18:00~22:30
【土日祝】11:30〜15:00、18:00〜22:30※日は21:30
定休日:不定休

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で