キッコーマン ライブキッチン東京。2018年11月オープンのエンタメ型レストラン


2018年11月1日、銀座にできた新しいビル「HULIC SQUARE TOKYO(ヒューリックスクエア東京)」の地下1階にキッコーマンが手がけたお店が開店した。
「大人の街に、かつてない上質を。」をテーマにしたこのビルと、醤油でおなじみキッコーマンとがなかなか結びつかないが、ともかくそういうことらしい。

「料理ライブを楽しみながら食事ができる」ということで、ますます訳が分からないまま、お店に向かった。

キッコーマン ライブキッチン東京

銀座駅C1出口、徒歩1分。日比谷駅A1出口、徒歩1分。有楽町駅銀座口、徒歩3分。
東急プラザ銀座からもほど近い、便利な立地だ。

上層階はゲートホテル

 

ビルの地下一階がまるまるキッコーマン ライブキッチン東京に当てられている。
入り口入ってすぐは店舗となっており、オロオロしていたら、奥に案内してくれた。

シンプルな入り口

 

フロアには、オープンキッチンがある。
こちらはパフォーマンス用のキッチンで、厨房は奥にもある。
一部の人数分はオープンキッチンにて目の前で作り上げられる。
同じものが奥の厨房でも作られ、運ばれる。

こちらのお店のメニューは、有名店のシェフが監修しているということだ。
11月のメニューは、こちらの3人。
和食:「菊乃井」三代目主人、村田吉弘
洋食:「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ、三国清三
中華:「Wakiya一笑美茶樓」のオーナーシェフ、脇屋友詞

12月はまた違うシェフが担当する。

It’s Show Time!!

レストランといえども、料理ライブを楽しむことがメインというだけあり、食事は全員が一斉にスタートだ。
19時開演に間に合うように席に着く。

素敵なしつらえでお出迎え。

正月と思う私の見聞の狭さよ

 

料理はコース一種類のみなので、席にあるのはドリンクメニューだ。

ワイン、日本酒、焼酎etc…

 

乾杯時にはシャンパンが飲みたかったが、残念なことにグラスシャンパンの用意がなかった。
友人3人で行ったが、皆お酒が弱い。
ボトルでとったら最後までシャンパンになるのが目に見えたので、諦めた。
でも泡泡したのが飲みたいね、ということで、多摩ゆずサイダーというものを頼む。
あきる野市にある甘味茶房「見世蔵 久森」監修のもので、扱っている店は都内で3件しかない貴重なものだそうだ。
炭酸控えめで、ゆずの果汁感をたっぷり感じる。

この後、シャンパングラスに注がれた

 

ゆずサイダーを飲みつつ、日本酒もいただく。
新政のラピスラズリをデカンタでお願いした。
フルーティーで癖がなく、飲みやすい日本酒だ。

奥にある、デカンタを冷やす器も素敵

 

さて、19時。
場内が暗くなり、ライブが始まる。

お店の世界観の説明からスタート

司会の挨拶の後、お祝い酒と称して、金箔入りの日本酒が振舞われた。
お酒は城陽酒造の徳次郎。
城陽酒造の蔵元さんのプレゼンテーションを聞きつつ、お酒をいただく。
(司会だの、プレゼンだの、ここは本当にレストランなのか)

お屠蘇気分

金箔入り。めでたい

蔵元さんのプレゼン

 

料理が始まった。
まずは前菜。
杉で作られた箱が出てきた。

真ん中にはキッコーマンのロゴ

よく見ると東京五輪をイメージした彩色が施されている

 

開けると、4種の前菜が登場。

和洋中の巨匠の共演

まずは和食。
秋のキノコとザクロの白和え。
ねっとりとしていて、口の中で存在感を発揮する。
コクのある甘さが美味しい。

銀杏だいすき!

 

中華から2品。
チャーシュークラゲ。
香ばしく焼けたチャーシューと、コリコリしたクラゲの組み合わせは鉄板の美味しさだ。

香りもよかった

 

中華のもう一品は蒸し鶏。
プリッと蒸し上げられている。

添えられたスナップエンドウも甘くて美味

 

洋食からは、フォアグラのムース、黒トリュフ添え。
見た目も美しい。
大きめのトリュフが乗っているが、トリュフは香りを楽しむものなのだと、妙に納得した。

ツヤツヤとムースの上のソースが光る

パンに乗せていただく

 

次は中華のスープ。
フカヒレの元気の出るスープと名付けられた一品。
オープンキッチンではフカヒレの説明が行われる。

大きい!

 

続いてオープンキッチンにて、、料理の仕上げが行われる。
15年ものの紹興酒がたっぷりと入る。

スープには、フカヒレの他に蝶鮫の唇や、焼売のような大きさのワンタンも入る具沢山ぶりだ。
鼻に抜ける芳香がかすかに紹興酒で、後味がいい。
日本酒と合う味。
体が温まる。

蓋つき器で熱々と登場

具沢山!

 

次は和食から、鯛の昆布締め。
こちらもまずは昆布の説明から始まる。

長い。これでも半分の長さだそうだ

 

昆布は日本酒で戻すと香りがふくよかになるらしい。
へぎ切りで切られて重ね盛り。
添えられたのは、菊の花と山葵。

ツマも美味しかった

 

醤油は3種類出てきた。
左から菊乃井の割り醤油、刺身醤油(卓上醤油)、宮内庁御用達の御用蔵醤油だそうだ。

もちろん全てキッコーマン

 

メインの魚料理は、洋食。
京野菜と伊勢海老のビスク風だ。
器の底には豆腐が固められており、そこに黄身を絡めた海老が乗っている。
海老の香りが卵に閉じ込められて、味わい深い。
蕪も青菜も甘い。
ビスクはクリームの代わりに味噌を使用し、軽く仕立てられてる。

繊細な模様が美しい

京野菜の美味しさも堪能

 

メインの肉料理も、洋食。
ヒレステーキ、トリュフソース。5種の京野菜添え。
肉が焼かれる様子が、場内のモニターで確認できる。

上質なヒレ肉にはサシが入るそうだ

おおおおお!

 

柔らかく焼き上げられたお肉を堪能する。
5種の京野菜は、海老芋、堀川ゴボウ、九条ネギ、壬生菜、京人参だ。
お肉の上にはエシャロットとクコの実が添えられている。
トリュフソースの香りが濃厚で、お皿が出て来る前からトリュフの香りが鼻をくすぐっていた。

なお、キッコーマンが輸入したデルモンテ・オリーブオイルで焼き上げられている

 

締めは、和食。
うなぎの飯蒸しと赤だしだ。

炭火で焼き上げる

 

京都の餅米に鰻とタレを混ぜ混んでいる。山椒もたっぷり入る。
そこに更に隅で香ばしく焼かれたうなぎを乗せる。

うなぎはパリパリでフワフワ

 

黄身が入って黄色くなっているトロロが添えられた。

たっぷりと入っている

トロロもまた美味しい

 

赤だしはほっとする味。

玉麩入り

 

奈良漬けと柴漬け。

よく漬かっている

お皿もキッコーマン

 

締めの後にデザートは不思議な感覚だが、デザートもある。
洋食と中華から一品ずつ、チョコレートムースとマンゴープリンだ。

洋食と中華の共演

 

ヴァローナチョコがたっぷり使われたムースはかなり濃厚で、ムースだが形容詞は「重い」だ。
チョコレート好きにはたまらない、食べ応えがある一品。

見た目は前菜のトリュフと似ているような気がしなくもない

 

マンゴープリンは酸味と甘味が濃厚であるが、下にある杏仁豆腐がさっばりとしていて口直しの役目も果たしている。

チョコとこちらと交互に食べた

 

番茶とコーヒーが出て、この日のライブは終了。

黙っててもコーヒーが置かれた。言えば紅茶には変えられるようだ

 

奥の厨房のシェフも全員出てきてご挨拶。

お疲れ様でした

そして、帰りにはお土産の用意まで!

特別パッケージの醤油だそうだ

感想

楽しかったし、美味しかった!
お店の方も皆親切で、心配りが行き届いていた。
説明を聞きながら料理を食べるスタイルも楽しかったし、実際美味しかった。
和洋中の折衷コースだが、違和感なく繋がっていた。

ところどころキッコーマン商品が主張されるのはしょうがないだろう。
コース料理が12000円というのは、巨匠3人の料理と考えるとコストパフォーマンスがいい。
この料金でできるのは、宣伝費が含まれていると考えてもいいだろう。

一つお願いするとしたら、食後の飲み物にカフェインではない飲み物も欲しかった。
ティーバッグでいいので、ハーブティーの用意があったら嬉しいな。

料理に使われたキッコーマン商品ご一同様

お店情報

キッコーマン ライブキッチン東京
東京都千代田区有楽町2-2-3 ヒューリックスクエア東京B1F
03-6866-0400
営業時間:18:30~22:30(20:30L.O.)(料理は19時からスタートのコースのみ)
定休日:日曜日

個別セッションの最新日程等、
ブログの更新情報をお届けします

Twitter で