【11月満席】12月の個別セッションは11/25受付開始です

松亭3代クッパ。釜山、テジクッパ通りの人気店の優しいスープ。


テジクッパとは

前回あげた釜山式ナッチポックンの他にも、釜山のご当地料理はいろいろとある。

その中でも、朝ご飯にぴったりなのが、豚のスープにご飯が入ったテジクッパだ。
豚のスープといっても、日本人の脳裏に浮かぶ豚骨スープよりも格段にあっさりしていて、夜更かしした次の朝でも胃に優しい。
 

テジクッパ通り

釜山の繁華街、西面には、テジクッパ通りと呼ばれる通りがある。

時間は朝8時。
ここには24時間営業のテジクッパ屋も何軒かあると聞き、朝ご飯を食べに向かった。

各店の前では、大釜に入った豚のスープがグツグツと沸いて、食欲をそそる。

グツグツグツグツ

お店はいくつもあったので、一度通りを端から端まで歩いて(といっても通りは短いので一瞬で歩ける)、一番お客さんが多い店に入った。
それがこの、松亭3代クッパだった。

一目で店名の見当がつく、ありがたい看板

 

テジクッパ

席に着く。
「テジクッパ」と言って指を2本立てる。
テジクッパ2人前、注文完了。

すぐに並ぶ小鉢の数々。
これが韓国料理の楽しみの1つなのだが、その内容を見て、怯む。
生のタマネギ、生のニンニク、生の青唐辛子…。
韓国の方々は、これらを朝から食べるのか。
胃に優しい料理を求めてこの店に来た我々は、これらを視界の外にそっと追い出した。

左上の味噌に大蒜や玉葱や唐辛子を付けて食べるらしい

そしてついに、テジクッパ登場。
いかにもお腹に優しそうな、真っ白なスープだ。

よく煮込まれた豚肉も、たっぷり入っている。

テジクッパ自体は、かなりの薄味である。
アミの塩辛とニラのキムチを投入して、味を整える。

豚肉はタレにつけて食べると、さらに美味しく食べられた。

ほのかに甘酸っぱいタレ

最後に、思い切って、生の青唐辛子をかじってみた。
全く辛く無く、ピーマンのような味わいだった。
でも、ニンニクと玉葱は、どうしても挑戦ができなかった。
 

感想

1人前6500W(約650円)で胃が温まり、とても満足だった。
韓国の街は夜遅くまで店が開いているので、どうしても寝不足になってしまう。
そんな朝にぴったりの、優しい美味しさだった。

お店情報

松亭3代クッパ
24時間営業、年中無休

釜山旅行記事まとめ

韓国旅行に行きたくなったらこちらもどうぞ

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で