自分の人生とは? 「皆と一緒」が息苦しい羊の話

ストレングスファインダーとの出会いから認定コーチになるまでの話


ストレングスファインダーと私

私が自分の人生を歩みだす力を得ることができた理由の一つに、自分の強みを知ることができる「ストレングスファインダー」との出会いがあります。

その奥深さに惚れ込んでストレングスファインダーの認定コーチとして活動をするまでになりました。

自己紹介代わりに、ストレングスファインダーとの出会いを書き残しておきます。

最初の出会いは2008年

ストレングスファインダーと最初に出会ったのは2008年頃のことでした。
当時は勝間和代さんの大ブームで、私も著書を何冊か読み、その中で出会いました。

さっそくストレングスファインダーを受けてみて、結果は当たっていると思いましたが、それをどうすればいいか分かりません。

mixiの勝間和代コミュニティの中に同じように勝間さんの影響でテストを受けたけれど、どうすればいいのか分からずにいる仲間がたくさんいました。
そこで集まってワークショップをしたところ、各資質の違いがはっきりと分かると同時に、自分と同じ資質の人が一人もいないこと、私を含めた世界中の人が一人一人違う才能を持った素敵な人達ということが理解できたのです。

ストレングスファインダーの魅力を知ったのはこのときでした。

ワークショップをスタート

その後、しばらくはストレングスファインダーとは無縁の生活を送っていたのですが、2017年にストレングスファインダーの新版が発売されます。

私の周囲でも何人も受けた人がいたのですが、皆「当たっているとは思うけれど、どうすればいいのか分からない」という感想を持っていました。

その時思い出したのが、かつて参加したワークショップです。

当時の主催者に連絡を取ったところ、私がやることを快諾いただき(それどころか参加もしてくれた)、ワークショップを再現しました。

その時の様子

このワークショップが好評で、その後、何回も開催しています。

そして、3回目のワークショップのことでした。
終わったあとに、感想をいただいたのです。

「今日の参加者の中に、嫌いな上司にそっくりな言動をする方がいました。
その方のお話を聞いて、上司にも悪気があるのではなく、上司が考える一番いいことをやろうとしていることがわかりました。
上司と私の考え方の違いは資質の違いだったんですね。
明日から上司のことをこれまでとは違った目で見ることができそうです」

私自身、ストレングスファインダーを知ってから、人間関係に悩むことが減りました。
自分と他の人では思考回路が違うことを資質を通じて理解することができたからです。

これは私だけではなく、他の人もそう感じることだと気づいたことで、ストレングスファインダーをもっと世に広めたいという気持ちが大きくなりました。

Gallup認定ストレングスコーチの資格を取るまで

ある日、尋ねられました。
「ワークショップをやってるけど、資格とかなしで勝手に開催していいの?」
それについて調べてみたのですが、いいとも悪いとも記述を見つけられませんでした。

これはGallup社の人に聞いてみるしかないと思い、どこに行けば会えるのかを調べていたときに、認定ストレングスコーチになるための研修の説明会がGallup主催で行われていることを発見します。
早速、連絡を取り、Gallupの方とお会いしてお話しすることができました。

最初は質問だけをするつもりが、そのときにお伺いしたストレングスファインダーの話がとても興味深かったのです。
どうしても専門的に学びたくなり、研修に参加することを決意しました。

研修を受けたときの話はこちら

資格取得後

認定ストレングスコーチの資格を取得することで、思うことがありました。

ストレングスファインダーの資質1つ1つについては、本やWEBの情報で学ぶことができますが、本やWEBではその性質上、一般的なことしか表現することしかできません。
人は一人ひとり違っていてその違いが尊いことを示すツールなのに、本にする以上、大多数の人に当てはまるようなことしか書けないのです。

なので「分かるような気はするけれど、自分に置き換えたときにどうすればいいかわからない」という感想を持つことになります。
これは、フリーサイズの服が、誰しもが着られるけれど誰にもジャストフィットはしないことと同じで、当然の感想です。

今、私が目指しているのは、全ての人が自分自身の強みを活かして、自分の人生を歩める世界です。
人は一人一人持っている力が違うので、自分の強みを活かして自分の人生を歩みだすと、その力を必要としている他の人の役に立てるようになります。
誰しもが人の目に萎縮して無理をするのではなく、自然に自分の力を社会のために役立てることができる世界は、多くの人にとって生きやすい世界だと思うのです。

ストレングスファインダーは自分の強みを知るための一つのツールに過ぎません。
しかし、自分と他者を理解するための強力なツールです。

全ての人が自分の強みを活かして自分の人生を歩むためのサポートをしたいと思っています。

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で