2月のストレングスファインダーの個別セッションは1/27から受け付けます

ストレングスファインダーで自分の強みと弱みを知ることで、個人もチームも強くなる理由。

ストレングスファインダー


私は、ストレングスファインダーが好きだ。
それはストレングスファインダーそのものが好きだというより、私が見たい世界を見せてくれるツールがストレングスファインダーであるからだ。

ストレングスファインダーで人が自分らしい人生を歩めるようになり、そういう人たちが集まったチームは成果に向かって力強く前進する。

ストレングスファインダーで個人が強くなる理由

ストレングスファインダーは、人の能力が一人一人違うことを、内面を掘り下げて可視化してくれる。
自分が世界に唯一の特別な一人であることを教えてくれるのだ。

「人は一人一人違う」や「自分は唯一の存在」という言葉を聞いたことはあっても、自分が具体的にどういう存在なのかがわからないとピンと来ないだろう。
まさにその「自分がどういう人間か」を見せてくれるのがストレングスファインダーなのだ。

自分がどういう人間であるかを知ると、生きていくのがとても楽になる。

では、自分がどういう人間であるかを知ることで、何が起きるのだろうか。

自分を許すことができる

ストレングスファインダーのテストを受けると、自分の強みがわかる。
同時に、弱みも見えてくる。

全ての人に強みがあるように、全ての人に弱みがある。
強みと弱みは表裏一体で、弱みを消そうとすると強みも消えてしまう。
弱みがあるから、強みも存在するのだ。

このことを知ると、自分の弱みを許すことができるようになる。
弱みを持つ自分を受け入れられるようになる。

弱みを許すことは、自分を許すことである。

他の人を許すことができる

全ての人に強みがあるように全ての人に弱みがあり、強みと弱みは表裏一体で弱みを消そうとすると強みも消えてしまう。
このことを、自分自身と照らし合わせて深く納得すると、他の人のことも許せるようになる。

他の人のダメな部分、つまり弱みを見ても許せるようになるのだ。

弱みの裏に強みがあることを思うと、しょうがないよね、と思える。

他の人を許すこと、すなわち他の人にイライラすることが格段に減って、とても楽になる。

自分の当たり前が他の人には当たり前じゃないとわかる

自分の強みを可視化することで、自分にとって当たり前にできることが他の人には当たり前にできることではないことがわかる。

他の人を見て、「なんでこんな簡単なこともできないの?やらないの?」と思うことはないだろうか。

実は簡単と感じるのは自分だけであり、自分と違う資質を持つ人にとっては全然簡単なことではないのだ。

簡単なことができない、やらない、のではなく、難しいからできないし、やれないのだ。

相手の当たり前が自分には当たり前じゃないことがわかる

自分の当たり前が相手の当たり前と違うということは、他の人が当たり前にやることが自分にとっては当たり前ではないことでもある。

他の人を見て、「どうしてあの人が簡単にできることが自分にはできないのだろうか?」と思うことはないだろうか。

他の人と自分は違う資質を持っているのだから、他の人ができることが自分にできなくて当然である。
そこを比較して落ち込む必要はない。

人に頼れるようになる

ストレングスファインダーで全34資質の順位を見ると、克服すべき弱みと、克服を諦めて人に頼った方がいい弱みがわかる。

「こんなことを人に頼っていいのだろうか?」と迷う人も、克服を諦めて人に頼った方がいいポイントがわかると、気持ちよく頼ることができるようになる。

自分の苦手なことを手放して、頼るべきところをきちんと頼る。
そうするとストレスから解放されるし、前に進む速度が上がるしでいいことづくめだ。

ストレングスファインダーでチームが強くなる理由

ストレングスファインダーで自分の強みと弱みを知ることは、自分が楽になるだけではない。
チームでお互いの強みと弱みを知り合うことで、チームも強くなっていく。

チームが強くなる理由は下記の3点だ。

一人一人が存在意義を理解する

チームで働いているとき、「私がここにいる意味があるのだろうか」という考えに襲われることがある。
こういう思いがあると、何をするにしても周囲の顔色を伺ったり恐る恐るになったりして、効率が悪くなる。

しかし、ストレングスファインダーで自分独自の強みを知り、それが発揮できる環境にいると、自分の仕事に誇りを持つことができるようになる。
他の誰かにはできないことを自分がやっていると感じることで、自分の存在価値に納得ができ、自信を持ってやるべきことをすることができる。

お互いを尊重することができる

チーム全員が各々の存在意義を理解していると、相手の存在価値を知り、尊重するようになる。
自分ができないことを、他の人がやってくれていることに感謝できるようになる。

各々が各々を尊重している組織は強い。

弱みを補い合う

チーム全員が自分の弱みを受け入れていると、自分の弱い部分については、他の人に素直に頼ることができる。
自分が時間を掛けてもうまくできないことを、他の人はいとも簡単に仕上げられることを知っているからだ。

お互いの弱みを補い合える組織にはスピード感がある。
皆が自然とうまくできることをやっているので、滞ることを知らずにどんどんと進んでいく。

個人もチームも強くなる

ストレングスファインダーはその人特有の強みと弱みを教えてくれるツールである。

自分の強みと弱みをきちんと丸ごと認識することで、人は強くなる。
それぞれの人の強みと弱みを認識することで、チームは強くなる。

ありのままの自分を知り、受け入れることで、人生も仕事も加速していくのだ。

関連記事

ストレングスファインダーに関する関連記事です。

個別セッション

ストレングスファインダーのテストだけでは自分の強みと弱みがわかりにくい場合、第3者の目で強みと弱みを発見する個別セッションが効果的です。

 

個別セッションの感想はこちら。

法人のお客様

自社にストレングスファインダーを取り入れたい法人のお客様はこちらをどうぞ

ストレングスファインダー関連の記事

ストレングスファインダーとは何かを知りたい方はこちら。

それ以外のストレングスファインダー関連の記事はこちら。

この記事が参考になったら
いいねやシェアいただけると嬉しいです

Twitter で