【お知らせ】2017年11月12日にストレングスファインダーのワークショップを行います。
第1回、第2回と好評を好評をいただいたワークショップの第3回目です。
ストレングスファインダーを受けた方ならどなたでも参加できます。
詳細はこちらをご覧ください。
10月18日現在、お申し込みは11名となっております。(定員20名)

心のこと

ストレングスファインダー、34の全順位と受け直すことに意味があるかについて

2017/04/26

LINEで送る
Pocket

ストレングスファインダー、全順位

2008年にストレングスファインダーを受けた時は、上位5つの強みしか見られなかったのだが、先日久しぶりにサイトを覗いてみたところ当時の結果が残っており、74ドルを払えば、全部見られるようになっていた。

早速結果を見たところ、笑ってしまうほど納得のいくものだった。
 
○2008年 全順位
1.収集心
2.最上志向
3.戦略性
4.未来志向
5.分析思考 
6.運命思考
7.共感性
8.内省
9.成長促進
10.学習欲

11.慎重さ
12.指令性
13.自己確信
14.ポジティブ
15.責任感
16.信念
17.個別化
18.アレンジ
19.自我
20.親密性
21.原点思考
22.適応性
23.着想
24.活発性
25.目標志向
26.規律性
27.公平性
28.包含
29.調和性
30.社交性
31.コミュニケーション
32.回復志向
33.競争性
34.達成欲

納得の結果

一番最下位は、達成欲。
目標を立てて、それに向かって歩むことに全く興味がないことが、とてもうなづける。

そして下から2番目は競争性。
確かに子供の頃から、人と比べてどうこうしようという意識は薄かった。
徒競走で「ビリになりたくない!」という子に「じゃあ先に行きなよ」と順番を譲ってしまうような子供だった。

下から3番目の回復志向。
かつて、某携帯電話会社のコールセンターで働いていたことがあるのだが、これがとても向いていない仕事だった。
電話を掛けてくるお客様の問題が複雑になればなるほど、気持ちが萎えていった。

全体的に見て、上位10資質については、自分が得意と思う分野だ。
下位10資質は、苦手な分野だ。
それ以外については、得意とも苦手とも感じたことがない。
とても納得いく結果だった。
 

ストレングスファインダーを複数回受けたその結果

私は今まで、ストレングスファインダーを2回受けたことがある。
最初に受けた時から4年後の結果はこうだった。

○2012年
1.最上志向
2.個別化
3.戦略性
4.未来志向
5.自己確信

2008年に1位だった収集心と5位の分析思考がランク外に落ち、代わりに個別化と自己確信が入ってきた。
 

順位の変動はなぜ起こったか

ストレングスファインダーで判定される強みは中学生くらいで確立され、その後、大きな変動はないと言われている。
しかし、ここでは13位の自己確信と、17位の個別化が入ってきた。
それはどういうことだろうか。

実は、このとき、人材育成を強く求められるポジションにいた。
「個別化」の資質を持つことは強い憧れで、まるで「個別化」を持っているかのように行動していた。
また、常に3割程度、背伸びをしているような状態だったので、「自己確信」を強く心に持っていないといけなかった。
かなり無理をしていた。
単純にそれが結果に反映されたのである。

素の姿ではなく、こうなりたいという自分の姿でテストを受けてしまったので、結果がその通り反映されてしまったのだ。
 

ストレングスファインダーを複数回受けることに意味があるか

最初に受けた2008年から10年近く経過している。
その間、転職もしたし引越しもしたしで、私のいる環境は大きく変化した。
それでも2008年の結果は、今の私をきちんと表している。

2008年、私は本を読む前にテストを受けた。
そして当時は人生にとても迷っていて、どういう方向に進みたいかという思いすら持つ余裕がないときだった。
なんの先入観もないまっさらな状態で、自分の素をぶつけることができたのだ。

でも本を読んだ私は(しかもかなりはまって随分と読み込んだし、友人たちと集まって各資質の分析もした)、今では問題文を読めば、それがどの資質への糸口となるかが分かってしまう。
まっさらな気持ちでストレングスファインダーを受けることはできなくなってしまった。
だから、私はこの先、ストレングスファインダーを受けても、本来の自分を表す結果にはならないだろう。

逆に、テストを受けた時に、素の自分で受けられなかったときは、受け直したほうがいい。
「こうなりたい自分」ではなく、「こうしてきた自分」にフォーカスを当てて受ないと、自分に合った結果を得られない。
自分に合った結果が出ると、自分の心を覗き見されたような感覚になる。
こういう納得感がないときは、受けなおすのも悪くはない。
 

関連本

ストレングスファインダー2.0

ストレングスファインダー関連記事







私が自分の強みを最大限に発揮して書いた記事

収集心で情報を集め、分析思考で分析をし、最上志向で興味深い部分を切り出し、読んだ人にイスラエル代表に興味を持ってもらいたいと願って書いた記事。

Facebookページには
更新情報と裏話を書いてます

Twitter で

広告

関連コンテンツ

-心のこと
-